予防に勝る治療なし

中1の虫歯、1.4本だけ=未処置割合も過去最低-学校保健統計

「家庭、学校の地道な歯磨き指導が効果を上げた」?

それだけ?

新潟県の快挙はスルーだね.
ネット上では見かけたが,目立って取り上げられなかった事実↓(2007年の記事)

県内の子どもの虫歯数は最少

 県は15日、本県の12歳児の平均虫歯数が2006年度に全国最少の0・99本となったと発表した。1本も虫歯がなかったのは、ほぼ3人に2人に相当する62%に上った。県は「学校などでフッ素洗口を進めてきた効果が大きい」と話している。

 虫歯数の統計では、永久歯がほぼ生えそろう12歳児(中学1年生)の数字が代表的な指標。2006年度調査によると、本県の12歳児計約2万3700人に対し、虫歯数は治療済みを含め計約2万3300本だった。全国最少となったのは7年連続。

 虫歯予防のため、県はフッ素液を使ったうがいに取り組むよう、1970年度から幼稚園や小中学校に促してきた。

 予防策が奏功し、12歳児の虫歯数は1980年度の5・03本から年々減少。県や国は2010年度までの達成目標を1本としたが、本県では前倒しで目標を達成した。

 2006 年度の県内の「フッ素うがい」の実施率は、全国平均より約10倍高い34・4%。県は「実施率40%を目標に、一層の推進に努めたい」(健康対策課)としており、本年度から県内の全養護教諭を対象とした研修会を開始。虫歯予防とともに、子どもの歯周病の予防にも力を入れる考えだ。

新潟日報2007年5月16日

12歳児虫歯:過去最低の1人0.99本 厚労省目標達成、全国初か /新潟


 泉田裕彦知事は15日、06年度の県内の12歳児の虫歯数が1人平均0・99本と過去最低となり、厚生労働省の掲げた目標(平均1・00本)を達成したと発表した。

 日本歯科医師会や文部科学省の統計では、虫歯の少なさで、7年連続全国1位を記録。目標達成も全国初とみられている。

 調査は、永久歯のほぼ生えそろう12歳(中学1年生)を対象に実施。治療済みの歯も数に入れられる。06年度は1人あたり0・99本で、全国平均1・71本を大きく下回った。調査を始めた80年の1人あたり5・03本にくらべ、5分の1以下に減少している。

 厚労省や県は、10年までに平均を1・00本にまで減らすことを目標に掲げており、4年早い達成となった。県健康対策課は70年から全国に先駆け、教育現場でフッ素を含む水で口をすすぐ方法(フッ素洗口)を普及させたのが功を奏したとみている。

 泉田知事は「虫歯は万病の元。虫歯が減れば医療費全体の削減につながる」とコメント。フッ素洗口は1人あたり年間200円かかるが、未実施の場合にくらべ、歯科治療費が年間4556円違うという。同課の担当者は「歯周病予防も含め、注意喚起は続けていきたい」と話した。【渡辺暢】

毎日新聞 2007年5月16日



まぁ,ワクチンと同じで反フッ素論者が多い国だからな.





中1の虫歯、1.4本だけ=未処置割合も過去最低-学校保健統計

12月17日17時15分配信 時事通信
 中学1年の虫歯の平均本数が1.40本まで減ったことが、文部科学省の2009年度の学校保健統計調査速報で17日分かった。虫歯になったまま治療を終えていない未処置の子供の割合も、幼小中高の各段階で過去最低だった。
 調査では、幼稚園(5歳児のみ)と小中高校の7755校が4~6月に行った計334万人の健康診断結果をまとめた。同省調査企画課は「家庭、学校の地道な歯磨き指導が効果を上げた」とみている。
 本数は抜いた歯、処置済みの歯を含めた永久歯の虫歯を、中1のみ集計。調査対象になった1984年度の4.75本から減少し続け、当初の3割を切った。
 幼小中高の未処置者はそれぞれ27.7、31.5、24.1、27.5%で、ピークだった65~70年度の68.4~91.7%より大幅に減った。治療済みの虫歯を持つ子供を合わせても46.5~62.2%にとどまった。 
[PR]
by e_physician | 2009-12-18 00:41 | 医学・医療一般


<< 消費者甘やかし文化 白衣の前を閉めるの閉めないの,の件 >>