消費者甘やかし文化

元旦に近所のスーパーがどこも閉まっていて,ちょっと困ったけど,ホッとした部分もある.

子供の頃は(どれだけ前かは触れない),デパートの初売りって,2日からだった.元旦はほとんどすべての店が閉まっていて,元旦は街中は静かなものだった.それがいつの頃からか,初売りが元旦に前倒しになり,もう文字通り年中無休の店がやたらと増えた.
もちろん,店員さんは交替で代休取ってるんだろうし,休日・祝祭日にも営業することで利益が上がるということもあるだろう.しかし...

海外に行くと,日本人はかなり土日祝日コンシャスにならないと,相当困る.デパートは休日は休みだったり,閉店時間が早かったりするし,レンタカー会社が週末休みだったりする.もー!何で閉まってんだよー,と愚痴りつつ,考えてみれば,休日はみんな休むのが,一般的には世界の常識なんだよなー,と.

元旦も営業の年中無休は,利益を上げるというよりは,結果として消費者を甘やかす元凶になってるんではないかと...年末年始 軽症患者でごった返った救急外来で勤務していてそう思った.
だいたい年末までが最繁忙期で(“今年の風邪は今年の内に”?),元旦は,さすがに正月早々病院はなー,て感じでトラフになって,2日からどっと混む(“仕事始めになると病院行けないし...”).

そういや,近所の年中無休のファミレスも,2日の15時頃 前を通りかかったら,駐車場がほぼ満車の大盛況だった(いつもの週末より明らかに盛況).


ま,そんなこんなで,例によって年末年始もよく働きました.餅とか,発熱とか,餅とか.

明けましておめでとうございます.
[PR]
by e_physician | 2010-01-04 02:59 | 医学・医療一般


<< 私服だったら清潔か? 予防に勝る治療なし >>