低血糖

意識障害で運ばれてきた患者で,低血糖をまず否定するというのは,救急におけるABCのA的なことではあるが...

入院中で,病歴上あるいは検査上DMがなくて,インスリンも使ってなくて,飯も普通に食ってる患者が突然 意識障害を来した時に,「何者かがインスリンを大量ivした可能性」まで疑わないといけない時代なのか,と思っていたところ,後述のドラマを観たら「自殺目的でインスリンを大量自己注射した可能性」なんてものまで...

LAW&ORDER SVUの第5シーズン"Painless"で,入院中に刑事の事情聴取を受けていた被害者が突然ぶっ倒れて痙攣する.院内なので医療的介入が速やかだったにも関わらず,死亡.結局 自殺目的で不法入手したインスリンを自己注射,という筋書きだったんだけど,刑事と医師の会話で,CPR中の随時血糖が2だった,というセリフがある.なら血糖補正しただろうし,なんで死ぬんだ?という不思議なエピソードだった.
この(多分ほとんど無名の)女優さんの,ぶっ倒れる前の小刻みな手の震えや,やや不隠になりつつある意識状態の変化とかは,とっても低血糖ぽくて素晴らしい演技なのだけどねぇ.
d0023240_22394070.jpg


アメリカのドラマは日本とは金のかけ方がハンパなく違うので,かなりリアルに見えても,医学的な部分は結構とんでもないものが多くて,その点は日本のドラマと大差ない.Dr. Houseも,つっこみどころ満載だし.
[PR]
by e_physician | 2010-03-14 22:40 | 医学・医療一般


<< 「ぼくたちの英語」 ローテク >>