死なない方が不思議

フィンランドのサウナ我慢大会で死者

どう見ても全身Ⅱ°熱傷だが...(Ⅲ°を含む可能性もある).
2枚目の写真の右端にもう一人の下腿が写っていて,やはりⅡ°熱傷のように見える.

d0023240_1263666.jpg
d0023240_1265449.jpg


だいたいサウナの温度が110℃って...

フィンランド恐るべし.



【8月8日 AFP】フィンランド・ヘイノラ(Heinola)で7日に行われたサウナの我慢大会で、決勝に進出した2人が病院に搬送され、うち1人が死亡する事態となった。

「サウナ世界選手権(Sauna World Championships)」のOssi Arvela代表は、「ロシアから参加したVladimir Ladyzhenskyさんが亡くなった」と発表した。

 不調を訴えたもう1人のフィンランド人のTimo Kaukonenさんは、ヘイノラより大きい都市ラハティ(Lahti)の病院に搬送されたという。

 この大会は、摂氏110度のサウナ室内で時間を競うもので、1999年から毎年、首都ヘルシンキ(Helsinki)の北138キロにあるヘイノラで開かれている。今年は15か国から135人が参加しており、Kaukonenさんは前年の大会覇者で、死亡したLadyzhenskyさんも、優勝候補の1人だった。

 イベントはその場で中止された。Arvela代表は警察が調査に乗り出したことを明らかにし、大会は「すべての規定に沿って行われた」と主張した。参加者は事前に健康診断を受けたという。

 フィンランドのSTT通信によると、決勝戦は開始約6分後に中断されたが、2人ともドアを開けた瞬間に倒れたという。

 観戦者の1人は、2人ともひどい火傷を負っていたと証言しているが、Arvela代表はこの情報について確認がとれていないとしている。(c)AFP

(注:赤字は筆者)
[PR]
by e_physician | 2010-08-10 01:38 | 救急


<< 自然って何だ 「ぼくたちの英語」 >>