絶滅危惧種?

 その昔,ウッチャンナンチャン司会の『投稿!特ホウ王国』という番組があった.その中で「剥製の鳥が動いた!」とかいうネタがあり,実は剥製ではなく,ほとんど動かない鳥だった,というオチ.60分くらい撮影して超早送りして,ほんのわずかに動きがわかる,というくらいほとんど動かない鳥と紹介されていた.
 残念ながら鳥の名前を覚えてなかったので,詳しく知りたいなぁと思いつつ記憶も薄れかけていたところ,先週の『ブロードキャスター』でついに再会! 今度はメモったぞ.

 “ハシビロコウ”

 最近 人気急上昇中らしく,立つレッサーパンダの次はハシビロコウかと,あちこちで取り上げられているようだ.

 ほとんど動かないとはいえ,動くときはそれなりに動くのだが,目の前に餌の入ったバケツを置かれても,がっつくわけでもなく,一度くわえた魚を落っことしてしまったりなど,とにかく鈍くさい.
 実際,あまりに動かないため捕食されやすく,絶滅の危機だとして,ワシントン条約でも絶滅危惧動物に指定されているらしい.
 しかし,鈍くさいからすぐ食べられて絶滅しそうって...それっていわゆる自然淘汰ではないか.人間の乱獲により絶滅寸前なのであれば,保護も必要かもしれないが,この場合,保護しすぎるのは過剰な介入というものだろう.
 まぁ,何を“絶滅危惧”種と指定するかは,(一部の)人間が勝手に決めてるんだけどね.


 Shoebill Photos・・・ハシビロコウマニア(と思われる人)のサイト.ひたすらハクビロコウの写真が並ぶ.
[PR]
by E_physician | 2005-07-19 00:28 | その他


<< スローな死にしてくれ WE'RE NOT A... >>