何げない医学用語

患者さんにわかりやすい言葉で話すにはにも書いたが,ふだん何げなく使っている用語でも,患者さんに通じないことは少なくない.
今日も,患者さんの家族(20代くらいの男性,普通の社会人ぽい)に,

 「ゆえき(=輸液)を...」と言いかけたら,
 「ゆえきって何ですか?」と聞き返された.

 「えっと...点滴のことです,つまり...」
 「あぁ,点滴のことですか」

「輸液」など医学用語の中では難易度は低い方だが,それでもこうだ.


 「輸液を負荷して尿量を確保しないと腎機能がさらに低下します」

 これだって個々の単語レベルでは決して難易度は高くない.しかし耳で聞けば

 「ゆえきをふかしてにょうりょうをかくほしないとじんきのうが...」

 いわゆるムンテラ(患者さん・家族への説明)は,一体どれほど理解されているのだろうか...

 かなり怪しい.
[PR]
by E_physician | 2005-08-01 00:22 | 医学・医療一般


<< 患者死亡で歯科医を不起訴 「助かった」のか... >>