「神様のカルテ」と医師の徳

「神様のカルテ」と医師の徳

映画は観てない(観るつもりもない)が,本は読んだ.同僚ナースが貸してくれたから.
正直 なぜそれほどのベストセラーになるのかよくわからなかった.
世間ではこういう医師が切望されてるんだろうなぁというのはよくわかる.しかし,前夜寝てない医師の診察[手術,処置]を受けたいか?という疑問がなぜ出てこないのか不思議でならない.前夜寝てないパイロットの操縦する飛行機に乗りたい人はまずいないだろうに.


全身麻酔の患者を放置して逃げた医師 
「手術中の火災」は不可抗力か、問われる医師の徳


あくまでも中国ネタではあるが,主旨からすると「患者を置いて逃げるのはけしからん」である.だがしかし,一体どうすれば良かったというのだろう.筆者の論旨だと,最後まで患者に寄り添い,医者も一緒に死んでいればよかった,と言ってるようにしか思えない.
医師達は人工呼吸器がきちんと作動していることを確認して脱出,直後に出会った消防士に患者の搬出への協力を依頼したが,危険だとして阻止されたという.患者の死因は熱傷ではなく,窒息とのことだから,人工呼吸器が途中で停止してしまったか,あるいは酸素が供給停止したか.責められるべきは病院の防火対策であって,医師達ではないだろうに.
[PR]
by E_physician | 2011-09-03 03:33 | 医学・医療一般


<< 「困ってるひと」 医療崩壊ウォ... ウマの過剰肉芽? >>