医療界 今どきの新人教育 ナース編


「この仕事は合ってません!」と1カ月で辞める新人の“事情”


今どきの新人ナースは,定時に帰宅がデフォらしい.例え仕事が済んでなくても,強制的に帰宅させるのが絶対ルールなんだそう.で,残った仕事は当然 先輩ナースがかぶる.

そもそも,新人ナース教育の第一の目標は「辞めさせないこと」.よって,定時帰宅だけでなく,日中の教育にもそれが徹底して反映されているという.例えば...

・質問しない.
 「○○なのは,何故だと思う?」といった質問は厳禁!! なぜなら,プレッシャーを与えるから.

・宿題出さない
 「○○について勉強してね/調べてみようね」→帰宅してもゆっくり休めない.

ただし,「○○と△△をやっておいてね」の後に「○○はやった? △△は済んだ?」 これはアリ.質問ではなく,やったかどうかのチェックだから.

・怒鳴る,しかる,無視する,“私の背中を見て学べ”
 →論外.


・・・ということをあるベテランナースから聞いて驚愕.それも,当院が特殊なのではなく,全国的にそうなんだとか.怒鳴る・無視する,が論外なのはもっともだけど,これじゃ教育にならんのでは? もちろん,自ら勉強する人はするだろうけど,「しなくてもいいんだ,これが普通なんだ」と勘違いする「普通の」ナースが量産されているような悪寒...


しかも数日後,別のベテランナースに,最近はそうなんだってねー,超びっくりしたわー,と言ったら「もう何年も前からそうなってますよ.今頃 何言ってんですか」と一蹴...撃沈.


まぁ,医師とか看護師って,学生の時から卒業後の職種が決まってるから,学生実習なんかで「自分に合ってるとか合ってないとか」は判明するはずで,「『この仕事は合ってません!」と1カ月で辞める』というケースはあまり多くないかもしれないが...
[PR]
by e_physician | 2012-05-16 22:49 | 医学・医療一般


<< 言葉にできない 迷惑な仕様 >>