ベビーカー論争

両者の言い分 それぞれ尤もと思うところはある.

ここはまぁ,車椅子みたいなもの,とみなせば周囲の人も理解しやすい(腹も立ちにくい?)かと思う.ただ,車椅子の人と根本的に異なるのは,車椅子の人は,車椅子を畳んだりできないが,ベビーカーだと畳んで抱っこという選択肢がある,という点だ(車椅子の方からは「一緒にするな!」とお叱りを受けそうな気がするが,似て非なるものとして対比させてみただけなので,どうか御容赦を).

どうも最近 おんぶ・抱っこよりベビーカー率が高い気がするのは気のせいだろうか.

大事なのは,お互いに他者を思いやるという姿勢では?
ベビーカー側も,「(小さい子がいるんだから)当然でしょ!」みたいな態度だと反感を買うだけだ.周囲の多くが立腹しているのは,ベビーカーそのものじゃなくて,他者にお構いなしのベビーカー親だろうし.混んでる時間帯の電車で,ベビーカー横に置いて,座席に座って携帯やスマホに夢中,って感じの風景なら,周囲が白い目で見るのもわからんではない.


私が経験した厚顔無恥なケース.


それなりに乗車率の高い新幹線の車内.
3列(3人掛け)の座席の通路側の席が空いていたので座ったのだが,その3人掛けの真ん中には母親と思しき若い女性,窓側の座席には荷物が置いてあり,足許のベビーカーには3-4歳くらいの子が眠っていた.この時点では,窓側に実は座っている人がいるがたまたま席を外しているだけなのか,誰も座っていないのかはわからなかったが,だいぶ時間が経っても誰も戻って来ないので,どうも空席らしかった.

乗車率は徐々に高まり,通路に立っている人も各車両 数人くらいはいる状態になった.
そこへ車掌が通りかかり「その座席 空いてますよね? ベビーカーは畳んで,お子さんは膝に抱いて,席を空けて下さい.立ってらっしゃるお客さんもいますので」
母親「(子供は)寝てるんでー」
車掌「席を空けて下さい.」

車掌は語気強く,かなりはっきり発言したので,周囲の乗客(半径2mくらい),それも立っている乗客にも会話の内容が丸聞こえだったのは間違いない.しかし車掌は,そう指示しただけで,母親がそれに従うかどうかを確認せずに去って行ってしまった.

で,この母親はどうしたか? 何もせず,である.

あれだけ周囲に,少なくとも横に座っている私にはモロに,恥ずべき事態がバレバレにもかかわらず(立っている乗客が視野の中にいるのに窓際の座席を空けることもなく)平然と座席に座ってられるこの母親には,呆れて物が言えなかった.近くに立っている乗客も,こんなバカな母親の側に座りたくはないのか,文句を言う人はいなかった.
(ちなみに,この母親は茶髪のいわゆるヤンママタイプではなく,落ち着いた雰囲気の外見だった.)

しばらくして,(恐らく端っこの車両まで行ってUターンして来た)先ほどと同じ車掌が反対方向に通路を通りがかり,チラ見した(はずだ.絶対に!)が,もう何も言わなかった.言っても無駄だと思ったのだろう.

子供は乗車料金を払っていないのだし,その子供のベビーカーが窓際の座席の足許を占拠していて,座れずに立っている乗客もいるのであれば,車掌主導で指示に従わせるべきだったと思う.


まぁ,これはかなり悪質な例だが.


ベビーカー側も自分たちの権利ばかり主張するのでなく,「周囲の人への配慮を忘れずに」とか自分たちのマナー向上にも力を入れてはどうか.そうすれば,風当たりも少しは和らぐんじゃないかな.


運賃払ってない子供は,自由席では混雑したら席には座れないルールになってるんだから,上記の悪質例はマナーとかいうレベルじゃないんだけどね.
[PR]
by E_physician | 2012-09-09 21:29 | その他


<< 昔のスーツ ダーマトグラフ用キャップ >>