意外と知られてないこと

救急・消防関係者や救急車を呼んだことのある(乗ったことのある)人以外には,あまり知られてないことだが,

 救急車はすぐには出発しない.

救急車が家の前に到着して,ストレッチャーに患者を載せて,救急車内に収容したら,すぐ発車...と普通の人は思うだろう.
しかし,実際はここで,モニター付けたり,酸素投与したり,そして収容先をあたって,OKが出てはじめて発車となる.実際に患者を見なければ重症か軽症かもわからないし,それに応じた収容先にも当たれない(実はここが律速段階である).収容先が決まらなければ,出発できない.行き先が決まらないのに,うろうろあてもなく運転するわけにはいかないからだ.タクシーだって「とりあえず出して!」って言われても,どこに行ったらいいか言ってくれないと困るのと同じである(タクシーはウロウロしてもメーターは回るから困りはしないかもしれないが).

ただ,この辺の事情は気が動転した家族には伝わらないから,同乗した家族からは「早く病院へ運べ!」と非難されたりするし,繁華街なら「何グズグズしてんだ!」などと野次馬から罵声を浴びたりする.

救急病院なんていくらでもあるし,収容先なんてすぐ決まるだろう,と一般の方は思われるかもしれない.しかし,救急告知病院でも救急車を断ることはザラである.しかも重症・困難例(ちなみに例え軽症そうでも,妊婦・小児の外傷は嫌がられる)ほど断られやすい.

 「満床」 「処置中」 「専門外」 「多忙(←何なんだよ,多忙って...)

...こうしてOKが出るまでに10ヶ所以上の病院にあたって断られたケースもある.大方の病院では夜間はまず受付が出て,当直医をcallし,当直医が出たら患者の概要を説明し...だから収容依頼は一病院あたり5~10分くらいかかる.これを何ヶ所も繰り返すのだ.すぐ発車できないのはこういう事情なのである.

私自身このことを知ったのは救急に従事するようになってからである.救急車に患者・家族として乗ったことはないし.従って,救急に関わってなければ,医療関係者ですら,知らない人の方が多いかもしれない.
d0023240_2272653.jpg

・・・ということをしみじみ思ったのは,『小児救急 「悲しみの家族たち」 の物語』を読んだから.あちこちで取り上げられている本なので,内容の紹介はしないが,ところどころ考えさせられるヒントがあった.
今回のヒント:



第二章 たらいまわし
P115 6行目~
 搬送先が決まらない.
 救急車の中では頼ちゃんの心臓マッサージや酸素吸入が行われており,行き先は一関病院か県立磐井病院のどちらかしかないはずなのに,受け入れてくれる病院が見つからないのだ.隊員たちのやり取りから事情が伝わってくる.一関病院では当直の眼科医しかおらず,小児科医はまだ出勤していない.県立磐井病院も難色を示しているようだ.無線を手にした隊員の顔が強ばり,美佳の心は凍てついていく.
 美佳が叫んだ.
 「救急車に乗ってるのに,どうして受け入れ先が決まらないの! 早く,早く連れてって!」
 「俺たちも必死だ!」
 若い隊員が怒鳴り返し,年配の隊員が,「もういい! 磐井病院に向かえ.磐井につけろ!」と指示を出した.



ただ,どんなに逼迫した状況でも,患者の家族につられて怒鳴り返しちゃいかんな.
[PR]
by E_physician | 2005-09-02 22:22 | 救急


<< 痛くないよー.でも,先生の言う... 趣味・嗜好 >>