切手を多く貼りすぎたら

コレクターではなく,使用する目的で記念切手をストックしていたが,最近めっきりsnail mailを出さなくなってしまい,若干持て余し気味.それでも,遠方の,お年を召した方などに写真を送ったりするのにそうした切手を貼る機会がたまにはある.

最近はネットで料金計算ができるから事前にアートな感じで切手をあれこれ貼るのだけど,念のため窓口で重さを確認すると,ちょっと多めに貼ってしまっていたことに気が付いた.貼ったばかりだから剥がれるかと試したが切手が破けそうで,「これ(多めに貼った切手)ってどうしようもないんですよね?」と聞いたら職員が「そうですね」と言うので,そのまま窓口で投函.

帰宅して,念のためネットで調べたら,「損害賠償兼料金等返還請求書」を提出すると返金される,ってことが判明.
切手を多く貼りすぎて料金超過となった場合の返金方法

何ともあきれる対応だ.その封書の受取人とは後日 会う機会があったので,あらかじめ連絡しておいて封筒を帰してもらった.

後日 窓口に行き,怒りモードで苦情を言い,返金してもらった.何のことはない,用紙に住所氏名などを記入するだけの簡単な手続きだ.「業務用の方など,指摘しても『ああ,いいですよ』と言われることも多いので…」だと.どうみても業務用じゃないんだが.1円でも足りなかったら,窓口で投函を受け付けないだろうに.(ちょっと呆け気味の母が2円不足で投函したハガキの不足料金をわざわざ窓口に払いに行くこの私に対して)何たる言いぐさ.


受取人だった親しい知人から封筒を返してもらう時に理由を聞かれ,説明したら,「みみっちいなぁ,それぐらいで」などと苦笑されたが,私は自分が納得できるなら10万でも20万でも払うけど,不合理なことには1円でも払いたくないのよ! ふん!
[PR]
by E_physician | 2014-09-18 16:50 | その他


<< 退去時の部屋 迷惑電話 >>