退去時の部屋

前のマンションを退出する際の話.
病院の借り上げで,敷金に相当する退去時のクリーニング料金は一定額 給与から天引きでプールされ,退去時に規定のクリーニング料金を差し引いて残額は(あれば)帰ってくるというシステム.もちろん,あまりに部屋の状態がひどいと,追加請求があるかも,である.

今までの引っ越しではずっと某社だったのだが,今回は浮気心で,他社を使ってみた.それまでの業者は,荷物運び出し完了時は,(業者持参の)掃除機で簡単に部屋を掃除してくれたのだが,今回の業者はそうしたサービスは一切なく,家具の裏にたまっていた綿ボコリが多数 床をフワフワ.退職をちょっと前倒しした関係で,引っ越し前はバタバタで(って言い訳にならないが…)お風呂掃除をするヒマもなく,カビだらけだった.

その状態で,病院の事務の人と,不動産屋さんとの立ち会いで,退去手続き.不動産屋さんは,各部屋をくまなく見て回り(もちろんトイレやお風呂も),正直 穴があったら入りたいくらい恥ずかしかったのだが…(追加料金請求されるんだろーなー,一体いくらかかるんだろう…もっと掃除しとけばよかったと不安げな私に)チェック後の不動産屋さんの最初の一言

「きれいに使って頂いてありがとうございます」

「えぇぇぇー???!! これできれいなんですかー???!」(←本当に絶叫に近いくらいの驚愕の声である.)

「はい.今このままの状態で案内をしてもすぐ借り手がつきます」

「えぇぇぇー???」


謙遜はしていない.物は超多いし(ひとり暮らしだが3-4人家族くらいの量だと言われた),ものぐさだし,掃除もたまにだし,ルンバ買っても(床が散らかっているので)動かすのは月に2-3回程度だ.なので,心底 超びっくり.

聞けば,子供の有無で決まってくるのだそうだ.壁に穴とか珍しくなく,敷金では足りず追加請求が発生することはザラにあるらしい.

何ともはや.

かくして,おつりが来たのだった.ラッキー.でもちょっと複雑.
[PR]
by E_physician | 2014-09-23 16:55 | その他


<< The Lazarus ef... 切手を多く貼りすぎたら >>