美容室考 美容室で話しかけられるのが苦手な人は少なくないことが判明

美容室で話しかけられるのが苦手な人の為の対処法5選

私が希有なわけではないようだ.
上記5選のうち,最後は 美容室を変える であることを,美容室経営者はしっかり認識すべきでは?


美容室考 「こんな美容室は嫌だ」
美容室考 少人数でも静かだとは限らない
美容室考 求む!寡黙な美容師(または静かな美容室)
美容室考 美容師はなぜ「今日はお休みですか?」と聞くのか






美容室で話しかけられるのが苦手な人の為の対処法5選

美容室で髪をカットしてもらいたいけど、美容師さんに話しかけられるのは苦手…という人も多いですよね。美容室にいる間はリラックスしていたいものです。どうしても美容師さんとは話したくない人のためのトーク回避術をまとめました。

今日は疲れているという雰囲気をだす

美容室に入った時から、ちょっと疲れているからそっとしておいてほしいという雰囲気を出しておけば、美容師さんも察して静かにしておいてくれるでしょう。一番最初のトークの部分で、「今日はちょっと仕事で疲れていて、途中で寝てしまったらすみません。」などと伝えて目をつむっておけば、美容師さんも悪い気はしませんよ。

ずっと携帯をいじっておく

施術をしている間、友達や彼氏に頼んでメールのやりとりをしてもらったり、調べ物をしている風に装っておけば話しかける隙がなくなるので美容師さんとのトークを回避することができます。
ただ携帯をいじるために下をずっと向いていると施術がしにくくなりかえって時間が長くなってしまうので、頭はなるべくあげておくようにしましょう

      
カルテに希望を書いておく

最近では、初めてのお客さんにはアンケート形式のカルテを記入してもらう美容室が多いですよね。その質問の欄や自由に希望を書けるところがあれば正直に「話すのが苦手です」や「美容室では静かにリラックスしていたいです」などと書いておけば、要望通りにしてもらえるでしょう。

本を読む

美容室に置かれている雑誌を熟読しているだけでは、その雑誌自体が話のネタになってしまいがちです。
そういう時は自分で本を持っていき、施術の間に読んでおくのがおすすめです。真剣に文章を読んでいる人にはなかなか話しかけづらいですよね。「ちょっと読みかけの本をじっくり読んでもいいですか」などと伝えておけば、美容師さんもそっとしておいてくれるでしょう。

美容室を変える

色々な手を尽くしても美容師さんとのトークに変化がないようでしたら、思い切って美容室を変えることをおすすめします。新しく美容室を変えるのは勇気がいりますが、最近では様々な条件から美容室の検索ができるサイトも多いので、自分の好みの雰囲気の美容室を見つけることができるでしょう。
辛い気持ちは我慢しないで!

美容室では静かにくつろいでいたい、そんな気持ちの中でたくさん話しかけられると美容室に行くことさえ苦痛になってしまいますよね。美容室の口コミが見れるサイトも多くありますので、美容師さんとのトークで悩んでいる人は口コミを参考に一度お店を変えてみれば、理想のリラックスタイムを過ごせるかもしれません
[PR]
by E_physician | 2015-08-31 17:23 | その他


<< 好きになってしまった香水を求めて 老衰を自宅で看取ってはいけないのか? >>