もったいない

和風総本家なる番組を録画して観ている(当地では多分数か月遅れ).で,時々あるシリーズが「日本の再生職人」.銅製のやかん再生職人が出てきたのだが,その再生されるやかんを見てびっくり!私がかつて愛用していたやかんだったのだ.

あぁ,やっぱり捨てるんじゃなかった…と,後悔するから,モノのために家賃を払..ってしまっている私は,断捨離とMOTTAINAIの狭間でいつも揺れ,リサイクルにはパワーがいるのだ.

ただ,再生の料金が11,000円.職人さんの技術には十分に見合う料金ではある.でも新品を買っても多分同程度.そう考えると,よほどの思い入れのある物でなければ,金属リサイクルにして,T-FAL 電気ケトルにしたのは悪くない選択肢だったかも,と思ってよく見ると,これ2006年の記事だった.10年も使ってたんだ….

そういえば,そのやかん,普通に金属ごみの日に捨てたような気がする.純銅だったのに…もったいない.
[PR]
by E_physician | 2016-11-29 21:07 | その他


<< コメント・トラックバックとも承... 未だシステム化が進まない領域 >>