ケース4,かな?

8台衝突、中2男子死亡 富山の北陸道、14人重軽傷

 28日午後5時40分ごろ、富山県滑川市大掛の北陸自動車道下り線で、ワゴン車がスリップしてガードレールに衝突。後ろを走っていた大型トラックも横向きになって急停車し、後続の乗用車が追突するなど計8台が絡む事故となった。
 ワゴン車に乗っていた新潟県の中学2年の男子生徒3人が車外に放り出され、うち1人(14)が頭などを強く打って死亡。この生徒を含む15人が病院に搬送され、残る14人も重軽傷を負った。
 県警高速隊の調べでは、路面が凍結しており、ワゴン車は前方でスリップして停止した乗用車を避けようとしてガードレールに衝突した。死亡した生徒は追い越し車線上に倒れ、後続の事故車両の下敷きになった。
 ワゴン車には中学生8人を含む計10人が乗っており、富山市内で開かれた卓球大会に出場後、新潟市に戻る途中だったという。('05/12/28)
下線は筆者)


 またか.
 スリップ自体は完全には防げないかもしれないが,車外放出がなければ,少なくとも死亡は防げたはず.事故処理には詳しくないが,こういう場合でも,後続の事故車両の運転手は業務上過失致死に問われるんだろうか(だろうな).とんだ災難である.


 とは言え,批判するのはたやすいが,危険性の認識すらない人々を啓蒙するのは多分に困難を極める.TBしてくれたイクルさんだって,外国に住んだ経験があるからこそ,そういう認識を持てたわけで...
 後ろの方が危ないんだけどにも書いたが,事故現場を数多く目の当たりにする救命士ですら,後部座席ではろくにシートベルトしない(させない)くらいだから,普通の大多数の日本人にそれを認識させるには,あとどれだけ死体の山を築けばいいのか...
[PR]
by E_physician | 2005-12-29 00:50 | その他


<< 年末年始 差別的?フォー! >>