絶滅危惧種: 産科医

癒着胎盤での帝王切開は未経験…逮捕の産婦人科医

 一般の人からすれば,こういうケースでも極悪非道な医師の姿が目に浮かぶのだろうか.逮捕された医師やその家族,他地域でがんばってる産科の先生方の心情を思うと,涙が出た.

 こんな症例で逮捕なんかされたら,産科志望の医学生はただでさえ少ないのに,さらに激減するのは間違いない.警察はこの逮捕の与える社会的影響なんて,考えちゃいないんだろうな.マスコミの悪意に満ちた報道もね.バカとしか言いようがない.


 blog ある産婦人科医のひとりごと の以下の記事が,この件を最も適切に解説してくれていると思う.
  癒着胎盤で母体死亡となった事例





癒着胎盤での帝王切開は未経験…逮捕の産婦人科医

 福島県大熊町の県立大野病院の産婦人科医師加藤克彦容疑者(38)が業務上過失致死と医師法(異状死体の届け出義務)違反容疑で逮捕された事件で、加藤容疑者が数多くの出産に立ち会っていたものの、今回死亡した被害者のように、子宮と胎盤が癒着している状態での帝王切開手術の経験はなかったことがわかった。

 県病院局によると、加藤容疑者は、医師免許を取得して9年目の中堅医師で、2004年4月に同病院に赴任後、唯一の産婦人科医として年間200回の出産に立ち会っていた。

 しかし、「癒着胎盤」の状態で帝王切開が行われたのは03、04年度、産婦人科がある4つの県立病院で今回のケースが唯一で、加藤容疑者も経験がなかったという。

 県は昨年1月、専門医らで作る調査委員会を設置。同3月に、事故の要因を「癒着した胎盤の無理なはく離」「対応する医師の不足」「輸血対応の遅れ」などと結論づけ、遺族に謝罪していた。県は遺族と補償問題について交渉中という。

 会見した秋山時夫・県病院局長は、警察へ届け出なかったことについて、「当時、医療過誤という判断はなかった」と釈明した。
[PR]
by E_physician | 2006-02-19 01:29 | 医学・医療一般


<< 経験ないけど 東横イン >>