End of Life

患者7人安楽死の疑い、医師が呼吸器外す…富山の病院

d0023240_2124029.jpg


以前 こういう川柳 作ったら

  敬老の日 みんなで考えよう DNR

同僚に 以下のように直された.

  敬老の日 みんなで考えよう DNR 自分のき方 (字余り)

最初のも悪くないと思うけどなぁ...

d0023240_21244238.jpg

<参考>
EOL(終末期医療)問題
緩和的鎮静: ダブル・エフェクト 日本の終末期医療の問題点
ヨーロッパ6カ国の終末期の治療;;;;人工呼吸中断など
良い死に方 悪い死に方 ・・・・ 終末期患者からの聞き取り調査





患者7人安楽死の疑い、医師が呼吸器外す…富山の病院
 
 富山県射水(いみず)市の同市民病院(麻野井英次院長)で、外科医師(50)が入院患者7人の人工呼吸器を取り外し、全員が死亡していたことが25日わかった。

 医師による安楽死の疑いがあるとして同病院が県警に通報。県警は、殺人の疑いもあるとみて、外科医師らから人工呼吸器を取り外した経緯などを詳しく聞いている。

 病院側によると、亡くなった7人はいずれも高齢で、終末期医療を受けていた。人工呼吸器の取り外しについては、「病院としては家族の同意を得ていると認識している」としている。

 一方、射水市の分家静男市長は同日午前、会見したが「詳しい状況はわからない」と繰り返した。

 同市によると、この外科医師は95年4月から同病院に勤務。昨年10月、受け持っていた70歳代後半の男性患者について、人工呼吸器を外したいと院長に申し出たが拒否されたという。

 このため、同病院が内部調査を始め、それ以前の外科医師による人工呼吸器取り外しと、患者7人の死亡を確認。昨年10月、県警に通報した。外科医師は、自宅待機を命じられた。

 同病院は病床数200の総合病院で、医師は25人おり、うち4人が外科医師。

 安楽死をめぐっては、東海大学医学部付属病院の医師が1991年4月、末期がん患者に塩化カリウムを注射したとして殺人罪に問われ、95年3月に横浜地裁で懲役2年、執行猶予2年の有罪判決を受けた。

 安楽死で医師が有罪判決を受けた初めてのケースだった。

 判決では、医師による合法的な積極的安楽死が認められる要件として、〈1〉患者に耐え難い肉体的苦痛がある〈2〉死が不可避で死期が迫っている〈3〉苦痛を除去、緩和する方法がほかにない〈4〉生命の短縮を承諾する患者の明らかな意思表示がある――を示した。

 一方、刑事責任が問われなかったケースもある。大阪市の病院で95年、入院中の末期がん患者に薬剤を投与し、死亡させたとして、2003年に医師が殺人容疑で書類送検されたが、大阪地検は一昨年、「死因が特定できない」として不起訴処分(嫌疑不十分)にした。
(読売新聞) - 3月25日14時5分更新
[PR]
by E_physician | 2006-03-27 01:14 | 医学・医療一般


<< よきサマリア人法のない国 ジレンマ >>