アメリカ製can opener

 絶対に日本製のより優れていると思われるのに,一向に日本で広まる気配のないものとしてアメリカ式(? アメリカ起源かどうかは不明だけど)缶切りがある.力をあまり要さず,切り口がギザギザにならなくて安全で,圧倒的に日本製のものより使いやすい.今 流行りの“ユニバーサルデザイン”の考え方にもマッチしている.
d0023240_0523686.jpg

d0023240_0524678.jpg

 そう思って数年前にアメリカに行った際に買ってきたのだが...気がつけばほとんどの缶詰はイージーオープン缶(プルトップ式)となり,缶切りを要する缶詰なんて,安い輸入物くらいになってしまった.

 というわけで,新品同様のまま.今では台所のインテリア雑貨と化している.
[PR]
by E_physician | 2006-04-10 00:59 | その他


<< フィラリア根絶に尽くした人 割りばし事故の影響 >>