だからさー,シートベルトしろってば...

関越道で事故、投げ出された男性ひかれて死ぬ 2006年05月07日

 ひき逃げはマズいけど,ちゃんと警察の聴取に応じたとして,免責されるのか? こんなんで前方不注意とか言われちゃ,おちおち高速なんて運転できねーよ.反対車線から人が飛んでくることを常に想定してたら,とても高速では走れない.
 例えば鉄橋の上から自殺目的で落下してきた人をひいちゃったら,さすがに免責だろうけど(多分...未確認),シートベルトなしで高速走行の車に乗るのも同じように自殺行為だと思うけどね.

 亡くなった方にはお気の毒であるが,シートベルトは今や常識である.運転手と他の同乗者2名が重軽傷(“重体”ではない.つまり命に別状はないってこと)であることからしても,シートベルトさえしていれば助かった可能性は非常に高い.

 ひき逃げは論外としても,彼らだって,被害者になってたかもしれない.そして彼らを事故に巻き込んだのは,そもそも同乗者にシートベルトさせてなかったその人なんだけど.


HEAVEN CAN WAIT
BUCKLE UP
  (シートベルト着用推進ビデオ 6.6Mb)




関越道で事故、投げ出された男性ひかれて死ぬ
2006年05月07日13時56分

 7日午前4時15分ごろ、群馬県昭和村森下の関越自動車道下り線で、東京都江東区の無職池原百男さん(31)が運転する乗用車がガードレールに衝突、はずみで道路中央のガードロープに衝突した。同乗の墨田区立花3丁目、会社員熊倉隆さん(27)が投げ出され、反対車線で複数の車にはねられ死亡した。はねた車はそのまま走り去り、同県警高速隊がひき逃げの疑いがあるとみて調べている。運転していた男性と同乗の女性2人も重軽傷を負った。

 事故の影響で、同高速道の渋川・伊香保―沼田インターチェンジ間の上下線が一時通行止めになった。
[PR]
by E_physician | 2006-05-07 22:10 | その他


<< トム・クルーズ法 ムショの方がまし >>