愛用ブラシ

ブラシつながりで,愛用ブラシのご紹介(っつーか,自慢?).
d0023240_1513364.jpg

上は洋服ブラシ.もう10年以上使っているが,全然へたれない.重みのある木製の柄に(多分)豚毛.接触面積が大きい(掌くらい)ので,非常に除去効率がよい.犬猫の毛が付いちゃったジャケット,とかテキメンである.あるいは,さぁ今日はあれを着るぞ!と朝 久しぶりにスーツを取り出したらカビだらけだった(そんなにしょっちゅうあることではない.念のため)なんて時も効果を発揮する.
d0023240_1514615.jpg
確か¥2,800くらいだった.学生だったので,たかが洋服ブラシに¥2,800かぁーと悩んだ末に買ったのだが,買って正解.この分だと一生つきあえそうである.


1枚目の写真下側は製図用ブラシ.といっても私は製図などしておらず,要は消しゴムのくず払いである.これまた,幅が広くて,除去効率が高い.ブラシがナイロンとかだと静電気で掃きにくかったりするが,これは天然毛なのでそういうことはない.受験生時代には大活躍したものの,残念ながら現在は鉛筆・消しゴムを使うことはめったになく,インテリアとなってしまっている.
[PR]
by E_physician | 2006-07-31 01:56 | その他


<< Conversation peace なぜホテル・旅館の歯ブラシは硬いのか >>