TV or not TV

 うちにはテレビが2台ある.正確に言うと,テレビとテレビデオだ.もともとテレビがあったところに,引っ越す友達がテレビデオをくれて,テレビデオの方が新しかったから,そっちに切り替えて,古いテレビは部屋の隅に追いやっていた.ところが,半年ほど前 パチッとショートしたような音がして,変な色合いに.どうも3原色のうち,緑系がダメになったらしく,赤~紫~青な画面で,どうにも気分が悪くなる.しょうがないのでまた古いテレビに戻して半年ほど過ぎた.すると,画像だけ時々勝手にフェードアウトするようになってしまった.音声だけは聞こえているのだが,画面真っ暗.でまた勝手にフェードインして何ごともなかったように映ったりする.トータルでは映っている時間の方が圧倒的に多いので,何とも悩ましいのだが,ちょうど肝腎なところでふぅーと画面が暗くなってしまうと,めちゃくちゃ腹立たしくなる.

 地デジ切り替えは2011年だ.何とかそれまでもたせられないかと,修理を依頼してみることにした.テレビデオの方がまだ新しいので,まずテレビデオの修理を依頼.しかし,「どうもブラウン管そのもののようですね」...ってことは,要するに買った方が安いということだ.というわけでテレビデオは修理断念.出張費+点検料で¥3,150.まぁしょうがない.
ちなみにテレビデオはV社の製品.あのー,他社の製品なんですけどー,とフェードアウト・フェードインのテレビの症状について聞いてみた.「映ったり映らなかったりなら,接触が悪いだけじゃないでしょうかね.修理すればまだ大丈夫だと思いますよ」

 というわけで,M社の修理相談に電話してみた.ところが症状を伝えると「代金は最低でも¥15,000~20,000になりますが」...同程度のブラウン管テレビは今では2万円程度で買える...で,断念.まぁ完全に映らなくなったら,買い替えるか.

 そうしたら,今度はビデオ(テレビデオではない)がおかしくなった.画面ザラザラ,クリーニングテープやっても治らない.しまいには,テープが出てこなくなってしまった.踏んだり蹴ったりというか,泣きっ面に蜂というか...しかしこのビデオもうそろそろ10年になる.一度 修理をしたことがあったけど,ヘビーユーザーの私の下でよくもったものだ.で,これまた悩ましい選択を迫られる.今度修理したら,修理代合計が購入額にほぼ等しくなると思われる.いい加減HDDレコーダーに買い換えるべきなのか...しかし...悩んだ末,とりあえず見てもらうことにした.そしてやってきたT社の修理担当さん,中を開けて大まかに見た後「どのくらい(の料金)だったら修理しますか?」聞けば,T社はもうビデオを生産しておらず(複合機はある),このままでは修理部門も...ってことで,修理代はご相談の上,ということらしい.「うーん...もう相当古いからなぁ...全部込みで¥10,000以内だったら何とか」というと「じゃあ,何とか収まる範囲内でやってみます」
 20-30分ほどして,じゃあ写してみましょう,と試聴ビデオを入れてみると,非常にクリアな画像が戻ってきた.ヘッドがかなり汚れていたようだ.気になる修理料金は,部品代合計¥2700+技術料¥3005+出張費¥2200+消費税 しめて¥8300.決して安くはないが,でもこれってかなり良心的な額ではなかろうか.さすがに次回壊れたら迷わずHDDレコーダーだが,また当分使えそうだ.

 私は割と使っているうちに,物に愛着がわいてしまう方で,すぐ捨てたり買い換えたりに抵抗があり,なるだけ修理しても使い続けたいのだが,実際 修理代の方が高い(修理それ自体が高額というよりは新製品が安くなっていることが多いのだが)となると,とっとと買い換える方が実は賢い消費者なのかも,と思ったりもする.

 次は何が壊れるのやら...
[PR]
by E_physician | 2006-09-22 23:27 | その他


<< 中食 奮発編 新製品 なしのパン >>