ホテルのセキュリティって...?

 今からおよそ10年ほど前,アメリカのある有名なホテルに宿泊した.そのホテルの鍵は,クレジットカード位の大きさの硬質の光沢紙に小さな孔がボコボコ開いているもので,それを水平に差し込むことでドアが開く仕組みだった.客が入れ替わる度に孔の位置の組み合わせが変わり,セキュリティ上,安全ぽく見えた.また,日本の多くのホテルのように,フロントでいちいち鍵を預けたり受け取ったりしなくていいという利点はあった.

 さて,チェックインしていったん外出した後,ホテルに戻り部屋のドアを開けようとすると,まったく解錠しない.困り果ててフロントに行き「1535室(←まぁ,こんな風な数字だった)だけど,カード差し込んでも全然開かないんだけど」と言うと「じゃあ,新しいカードキーを再発行します」といって,新しいカードを渡された.それを持って1535室のドアに差し込むと,今度は問題なく,ドアが開いた.しかし...

 自分の部屋に空き巣が?!と,ショックのあまり声も出なかった.なぜなら,入ってすぐのところに開け広げてたはずのスーツケースがなかったからである.しばし呆然と立ちつくし(その間 20秒間くらいだったろうか),改めて部屋を見渡すと,自分の置かれた状況がようやく理解できた.

 それは私の部屋ではなかったのである! つまり,自分の部屋が1535室だと勘違いしていただけだったのだ.奥の方で人の気配がして(どうも奥の間で人が寝ていたらしい)慌ててドアを閉め,フロントに駆けつけた.

 事情を説明すると,名前を聞かれ「あなたの部屋は1545室です」と冷たく告げられ,蔑むように私を見ながら新しい鍵を渡された.私はといえば,ただひたすら平謝りで,恐縮するばかりだった(この時はおとなしい日本人だったんだなぁ).

 だが....後でよーく考えてみると,謝る必要は何もないことがわかってくる.そもそも相手が誰かをろくに確認もせず,新しい鍵を簡単に渡すこと自体が問題なのである.

d0023240_22185049.jpg
 なぜこの件を思い出したかというと...先日 出張で日本の某ビジネスホテルに泊まったとき,外出から帰ってフロントで「503号室です」と言うと「鈴木様(仮名)ですね?」と簡単にキーを渡されたからだ.何百人もいる宿泊客の顔を全部覚えているわけでもないだろうに,他人が現れて適当に「×××号室です」と言えば,すぐキーを渡すんなら空き巣は簡単だよなぁ.
 後でメールで問い合わせをしたら「今後はお客様にお名前を言って頂くように改善します」とのことだったけど.

 さらに,これもつい先日だけれど,某有名温泉地のかなり老舗の旅館(客室数20室ほど)でのこと.外湯から帰ってきて,お酒も入ってて部屋番号がちょっとあやふやになり「えーっと,部屋番号ちょっとあやふやなんですけどー,確か13号室だったかな? 角にある部屋で,12畳くらいの広い部屋で...代表者名は鈴木(仮名)なんですけど...」とできうる限りの説明をしたら,番頭さんみたいな人がすぐ鍵をくれた.で,これまた別の部屋だったんだよなー.この時は,部屋番号を頼りに廊下を歩いたら,明らかに全く別の部屋だったから,すぐフロントに戻って取り替えてもらって事なきを得たが...

 たまたま私の運が悪いんだろうか...
[PR]
by E_physician | 2005-05-16 22:16 | その他


<< 末期症状 医療ドラマの功罪 >>