足がない!

<バイク男性>足切断気付かず2キロ走る 浜松で分離帯接触

もうあちこちで話題ですねー.結局 足の方は挫滅がひどく再接着は無理だったようですが.
スパッと鋭利な刃物で切ったような場合は,凍らない程度に冷やして持っていくと,最大12時間後くらいまでは接着可能な場合があります(もちろん,このような手術ができる病院は限られます).

糖尿病のコントロール不良の方などは,靴を脱いだら足の趾がもげていた(でも痛くない)なんてことは決して珍しくないようで,フットケアの重要性が強調されるわけです.






<バイク男性>足切断気付かず2キロ走る 浜松で分離帯接触

 13日午前6時半ごろ、浜松市西区篠原町の国道1号浜名バイパスで同市南区の会社員の男性(54)がオートバイで中央分離帯に接触し、右足をひざ下約10センチで切断した。男性は接触に気づいたがそのまま数分間走り、約2キロ先のインターチェンジで初めて自分の足がないことに気づいたという。静岡県警浜松中央署は痛みが強すぎて分からなかったとみている。
 同署の調べでは、男性は仲間約10人とツーリング中、緩い左カーブを曲がりきれなかったらしい。切断された足は仲間が現場に拾いに戻り、男性と一緒に救急車で同市の病院に搬送されたが、つぶされるように切断されていたという。

8月14日3時4分
[PR]
by E_physician | 2007-08-15 00:14 | 医学・医療一般


<< ダマされたと思って...買ってみた 普通の,日本語 >>