寒い...

寒くなりましたね.
・・・いや,気候じゃなくて(気候もだけど),以下の記事群で.

日本医師会の大罪
何が寒いかって,比較的ネット接続時間の長い私でも,ついうっかりスルーしてしまいそうになったこと.さらに,もっと勤務時間の長ーい勤務医のほとんどはこういう記事を目にすることも(そもそもネットに接続する時間も)ないんじゃないかという寒さと.

「病院は原則受け入れ」福島、搬送遅れ受け決定
福島焦土作戦発動中,か.

福島・医師死亡交通事故:ひき逃げ適用せず
福島で働く諸先生方,ここまでコケにされて福島に留まる理由がありますか? 







「病院は原則受け入れ」福島、搬送遅れ受け決定
2007.11.19 23:40

 福島市で乗用車にはねられた女性の搬送先の病院が約1時間決まらず、約6時間後に死亡したことを受けて、福島市や消防、市内の病院などでつくる「福島市救急医療病院群輪番制運営協議会」は19日、臨時の総会を開き、消防から救急患者の受け入れを打診された病院は、原則として拒否しないことを決めた。

 会見した同協議会の有我由紀夫会長は「患者さんや市民に多大な不安を与え、遺憾に思う。医師による診断が約1時間も遅れたのは大きな問題だ」と強調。「各病院の医師は、満床だからと受け入れを断ることなく、まず患者を診るべきだ」と述べた。

 受け入れた後の対応については、満床などのためそのまま治療することが困難な場合、病院間で調整し、より高度な医療ができる病院に移送することとした。

 事故は今月11日夜発生。福島市で道路を横断しようとした市内の無職女性(79)が乗用車にはねられた。救急搬送される際、4つの病院に計8回受け入れを断られ、約1時間後に別の病院に搬送されたが、事故から約6時間後に脳挫傷で死亡した。


福島・医師死亡交通事故:ひき逃げ適用せず 業過致死容疑で2人を書類送検 /福島

 今年5月、福島市の市道で医師が車2台に相次いではねられた事故で、福島署は19日、車を運転していた川俣町の男性会社員(29)と福島市笹谷の派遣社員の男性(22)を業務上過失致死容疑で書類送検した。

 調べでは、男性会社員は5月20日午前0時40分ごろ、福島市南向台の市道で軽ワゴン車を運転中、タクシーを降りて道路を横断していた近くに住む医師、矢尾板裕幸さん(当時47歳)をはね、さらに、乗用車を運転していた派遣社員の男性は約5分後、道路に倒れていた矢尾板さんをはねて死亡させた疑い。派遣社員の男性はそのまま走り去ったが、同署は故意に逃走したのではないと判断し、道交法違反(ひき逃げ)容疑での立件を見送った。事故は、刑法改正による自動車運転過失致死傷罪の施行前に起きた。

2007年11月20日
[PR]
by E_physician | 2007-11-20 19:47 | 医学・医療一般


<< そこにあなたがいたから 賞味期限切れ >>