はしか考

日本人がはしか感染源 6人発症と米保健当局

感染させられてしまった子供達はお気の毒であるが,正直こういう事例が度重なって「外圧」になられければ国は重い腰を上げないのが常なので,不遜ながら内心,もっと起これ!などと思ってしまう.
天漢日乗さんも書かれていたが,感染源の子の親は感染させられた子やその親から超高額の懲罰的損害賠償請求訴訟を起こされる可能性がある.その金額が数億円とか数十億円くらいのとんでもない金額だったりした時に初めて,この国や(ワクチンを打たない)無邪気な国民は思い知ることになる.

こんなにあちこちで問題になっているのに,ワクチン打ってないと入学させません,てな私立小中学校が未だに出てこないのが不思議でならない.







日本人がはしか感染源 6人発症と米保健当局

2008年2月22日 09時48分

 【ワシントン21日共同】米疾病対策センター(CDC)は21日、昨年夏にスポーツの国際大会で訪米した日本人の少年が感染源となり、米国内で日本人1人を含む計6人がはしかを発症したと週報(電子版)に発表した。

 国際大会では感染の危険が高まるとして、主催者が海外参加者に対し、はしかの予防注射の証明書を提示させることを検討すべきだとしている。はしかの予防注射が徹底している米国では、近年ほとんど発生が確認されておらず、米国の保健関係者は「日本ははしかを輸出している」とたびたび非難している。

 CDCによると、昨年8月に米東部で開かれた大会に、日本から12歳の少年が参加。少年のきょうだいは日本ではしかに似た症状を発症していたが、少年は米国滞在中にはしかを発症し、州政府への通報後、隔離された。
[PR]
by E_physician | 2008-02-22 23:43 | 医学・医療一般


<< もう“たらい回し”とは呼ばない 発展途上国の定義って... >>