ロレンツォのオイル

米映画「ロレンツォのオイル」のモデル、L・オドーネ氏死去
d0023240_274121.jpg

医学生の時に観たっきりだったが,ふと見た新聞の訃報欄で目に入った.

神経内科の授業で,講師が「でも実際はそんなに効かないんだよね」と言ってたが,実際のところどうなのかは知らない.

実は,この話も,「レナードの朝」もそうなのだが,現代なら「人体実験」と非難される可能性が非常に高い.だって“エビデンスがない”からねぇ(どんな薬でも,初めてヒトに投与する時は,常に「人体実験」みたいなもんなんだけれども).
しかし,ロレンツォは,(専門医らの反対を押し切っての)父の決断(専門医と議論できるくらいの膨大な勉強量も)がなかったら,30才まで生きることはあり得なかったというのも厳然たる事実である.






米映画「ロレンツォのオイル」のモデル、L・オドーネ氏死去

 ロレンツォ・オドーネ氏(米映画「ロレンツォのオイル」のモデルとなった男性)AP通信によると、30日、肺疾患のため米南部バージニア州の自宅で死去、30歳。父親のオーグスト氏が明らかにした。

 6歳の時に難病の副腎白質ジストロフィー(ALD)にかかり、医師から2年以内に死亡するとの宣告を受けたが、両親が自力でオリーブ油などによる治療に効果があることを発見した。その実話を基に映画「ロレンツォのオイル 命の詩(うた)」(92年)がつくられ、世界中に感動を与えた。

05/31 12:24更新
[PR]
by E_physician | 2008-05-31 22:10 | 医学・医療一般


<< なぜ日本人(の女の子)は赤毛の... つい本音が... >>