育ちが悪くてどーも...

緒形拳見たさに観ている「風のガーデン」.
どうにも違和感あるのは,家族内敬語.親-子,祖父-孫が「です・ます」調で話すのだ.

同じ倉本聰の代表作「北の国から」でもそうだったんだよなぁ.

そりゃね,「父上様」「お母様」とか呼ぶような,やんごとなき世界の方々の話だったらわかるんだけど,一応 普通の生活レベルの家庭のお話しでしょ.何らかの効果を狙った演出なのかな?


丸いケーキをカットしたら,どのピースを獲るか(わずかな差なのにねー),ジャンケンで争うような,野蛮な家庭に育った私には,理解の範疇を超える演出だ.
[PR]
by e_physician | 2008-12-12 22:14 | その他


<< 臨床研修制度の意義 「先生」 >>