カテゴリ:医学・医療一般( 94 )

「先生」

このところhotなKY氏の
 しかし、医師は国家試験に通ればすぐに「先生」と呼ばれ、いきなり一定のステータスを獲得する。(以下略)
「先生」なんて,「おまわりさーん」と同程度のノリにしか聞こえないから,いい気になるなんてことは全然ないんだけど,ただ「先生」っつー呼称がなくなるのは困る.とっても困る.なぜなら...

話しかけようとする医師の名前が思い出せない時,とりあえず「先生」って呼んどきゃいいから.英語で言うと"Hey, you!"である(ウソ).

そして名札をチラ見して,(あぁ,ヤマダ先生だった)とか思い出すっていうのが私の常.
[PR]
by e_physician | 2008-12-07 21:16 | 医学・医療一般

祝!無罪判決

福島県立大野病院 冤罪事件

無罪判決
おめでとうございます!

遺族=被害者ならば,救急医療は成り立たない.

このようなことが起きるたびに,医療的に真っ当な判断はどうなのかを遺族に説明してくれる人が誰かいなかったのか,と思う.
「ミスがないならなぜ死んだのか」? 実際,(超)高齢者が入院すると「人間にはいつか必ず寿命が来ます.それは入院してても同じです.人はいつか必ず死ぬのです」という話から始める自分がいるのだが,人間はいつか必ず死ぬ,という至極当たり前のことを,なぜ病院で説明しないといけないのだろうと悲しくなる.ほとんどの人が亡くなる理由は病気・ケガであり,医療事故・過誤であることはむしろ少ないことなのに.
[PR]
by e_physician | 2008-08-20 16:54 | 医学・医療一般

日本の医療は安すぎる

日本の「食」は安すぎる―「無添加」で「日持ちする弁当」はあり得ない
d0023240_23114954.jpg


「食」を「医療」に読み替えると,あまりにも相似した内容に愕然とした.以下 タイトルのごく一部をピックアップしてみたが...

消費者はもはや「弱者」ではない!
監視強化は消費者の利益にならない
「本物」に必要な適正価格
安く買うならリスクを承知の上で
安さのしわ寄せは人の身体に
自分にとっての「安全のレベル」
安全に対するコストは誰が払うのか


・・・「食」に関する本であることを忘れてしまいそうだ.「無添加」で「日持ちする弁当」はあり得ない  そう,「リスクゼロ」で「完璧な医療」はあり得ないのである.


さらに,転載:

1999年制定「食料・農業・農村基本法」
第12条 消費者は,食料,農業及び農村に関する理解を深め,食料の消費生活の向上に積極的な役割を果たすものとする.


消費者→患者,食料・・・→医療 と置き換えると...あら素敵.

この本の締めくくりは,

現在の日本の「食」は安すぎる.
そのために歪みが生じた日本の「食」を正しい方向へ導けるのは,消費者であるあなたたちなのだ.

[PR]
by e_physician | 2008-08-20 00:10 | 医学・医療一般

寿命ですから

不安定狭心症で数カ所にステント入れてもらって退院した某フォークシンガー曰く
「たばこは吸い続けると思う。たとえ(1箱)1000円になっても吸い続ける。好きなものをやめてただ生きながらえるのはイヤ。それで胸をやられたら、寿命ですから

これって,次回 発症したら諦める,と解釈してよろしいでしょうか?

タバコ(1箱)1000円になっても吸い続けるくらいお金持ちなんだから,どうせなら「俺は保険は使わないよ.全額自費!」とかっつって,カテやってくれた病院に数千万くらい,ポーンと支払えばいいのに.

こういう有名人の,こんな発言に対して循環器学会は何も反応しないのかね.


注:この記事に中傷の意図はありません.
[PR]
by e_physician | 2008-07-26 01:03 | 医学・医療一般

スタバでは(タリーズでも)グランデを買うようになっちゃった

d0023240_23453446.jpg


いろんなものの価格という,身近な経済をわかりやすく紐解く著書の中に 第8章 子供の医療費の無料化は,本当に子育て支援になるか? という章(全部で9章)がある.この章のサブタイトルは 安易に政府に頼る国民は,結局は大きなツケを負わされ である.

P.218~
 所得格差の問題に関連させて考えても,悪影響が大きい政策です.所得格差をかえって拡大するという一例を挙げてみましょう.
 ①父親が充分な高所得を稼ぎ,専業主婦の母親や年金暮らしの祖父母がいる家族の場合には,時間コストをさほど負担に感じることなく,子供を病院に連れて行きます.②父親の低所得を補うために,母親もパートタイムで必死に働いていて,祖父母の支援などがない家族の場合には,あるいは,シングルマザーがひとりで働きながら子育てをしている場合には,病院の混雑の激化は,母親の所得を下げ,家族の暮らしを悪化させます.
 医療費が無料になることで,①の高所得家族は得をしますが,②の低所得家族は損をします.このような事例は,いくらでも考えられます.小児科医が減少して社会問題化している上京での「子供の医療費の無料化」は,本当に弊害が大きな政策で,格差の拡大さえもたらす危険性があるのです.
 もし,医療に関する政策を行なって,少子化対策としたいのであれば,減少・不足が問題となっている小児科や産婦人科の医者を増やすために,待遇(所得など)を他科の医者と比べて大幅に有利にするといった政策を考えるべきです.
 世の中には,「待遇のよさでつって,小児科医や産婦人科を増やしても,お金でつられる医者に診てほしくない」と批判する人もいるでしょう.しかし,それはまちがっていると筆者は断言します.
 社会にとって大いに役に立つ仕事をしている人たちが,人手不足の中で大変忙しい状態で働いてくれているのです.そういった職種の人が他人より高い所得を稼げないなら,一体どんな人なら,高所得に値するというのでしょうか.何か政策をおこなうというのであれば,所得などの待遇で報いずに,他の何で報いるのでしょうか.
所得そのものよりは,きちんと休めるという,待遇の方がより求められているのだけど,それはそれとして,ことの本質をついている.
 命を預かるという意味では,パイロットも同様なのに,「パイロットの給料は高すぎる」とか批判されないのはなぜだろう.「お金でつられるパイロットには飛んでほしくない」? いやいや,能力相応の所得を得て,充分な休息を取っているパイロットの操縦する飛行機に,私は乗りたいけどなぁ.

P.220~
何でもかんでも政府に期待して安易に要求する市民は,程度の差こそあれ,政治家と癒着して不当な利益を得る企業とさほど変らない問題を引き起こしている,と自覚すべきでしょう.
 この章の最後の一文.スルドい!
[PR]
by e_physician | 2008-06-20 00:05 | 医学・医療一般

初“女性自身”

d0023240_20462426.jpg


美容院で前に置かれるとムッとする雑誌だったのだけど,今号ばかりは買いに走ってしまった.

考えてみれば,硬派(?)を気取った,主として男性向け週刊誌なんかで扱われるより,このテの雑誌で取り上げる方がはるかに啓蒙効果は高いなぁ.しかも,雑誌の雰囲気からは到底考えられないくらい,記事のレベルが高かった.

“大野事件”この裁判に何の意味があるのか 女性自身
『女性自身』を買いましょう!
[PR]
by E_physician | 2008-06-12 20:53 | 医学・医療一般

ロレンツォのオイル

米映画「ロレンツォのオイル」のモデル、L・オドーネ氏死去
d0023240_274121.jpg

医学生の時に観たっきりだったが,ふと見た新聞の訃報欄で目に入った.

神経内科の授業で,講師が「でも実際はそんなに効かないんだよね」と言ってたが,実際のところどうなのかは知らない.

実は,この話も,「レナードの朝」もそうなのだが,現代なら「人体実験」と非難される可能性が非常に高い.だって“エビデンスがない”からねぇ(どんな薬でも,初めてヒトに投与する時は,常に「人体実験」みたいなもんなんだけれども).
しかし,ロレンツォは,(専門医らの反対を押し切っての)父の決断(専門医と議論できるくらいの膨大な勉強量も)がなかったら,30才まで生きることはあり得なかったというのも厳然たる事実である.

記事引用
[PR]
by E_physician | 2008-05-31 22:10 | 医学・医療一般

つい本音が...

ある病気で入院中の患者さんが,元通り仕事ができるようになるかすごく心配していて,「元の仕事に就けないなら死んだ方がまし」「生きがいなんです」(特殊な技能が必要な仕事で,病気からすると復帰は困難である)などとおっしゃるので,

「そんなにその仕事がお好きだったんですかー.うらやましいなぁ...

つい,本音が...

d0023240_22511862.jpg

[PR]
by E_physician | 2008-05-09 22:53 | 医学・医療一般

はしか考

日本人がはしか感染源 6人発症と米保健当局

感染させられてしまった子供達はお気の毒であるが,正直こういう事例が度重なって「外圧」になられければ国は重い腰を上げないのが常なので,不遜ながら内心,もっと起これ!などと思ってしまう.
天漢日乗さんも書かれていたが,感染源の子の親は感染させられた子やその親から超高額の懲罰的損害賠償請求訴訟を起こされる可能性がある.その金額が数億円とか数十億円くらいのとんでもない金額だったりした時に初めて,この国や(ワクチンを打たない)無邪気な国民は思い知ることになる.

こんなにあちこちで問題になっているのに,ワクチン打ってないと入学させません,てな私立小中学校が未だに出てこないのが不思議でならない.

記事引用
[PR]
by E_physician | 2008-02-22 23:43 | 医学・医療一般

都合のいい真実

「お産には様々なリスクが伴う。母子とも助かるのが当然と思うのはおかしい」

これってまさに真実そのものなんですが.

察するに「(自分にとって都合のいい)真実(だけ)を知りたい」ってことなんでしょうねぇ.


ついでに,「多くの医師がこれに追随した」よりは,「多くが同意見だった」とでもするのが正しい表現ですけどね.問題日本語だらけだな,読売.

More
[PR]
by E_physician | 2008-02-21 01:12 | 医学・医療一般