カテゴリ:その他( 107 )

「助かった」のか...

昔 住んでた所の近くで学会があったので,久しぶりに当時のアパートを訪ねてみた.
d0023240_16204029.jpg

手前の駐車場は,私が住んでたときは隣家の庭だった.6畳1Kユニットバスで,管理費込み¥83,000くらい(バブル期に借りたので)だったが,今ではこの家賃では借り手がつかないだろうなぁ.

すぐ側には昔ながらの商店街もあり,下町風情も少し漂う雰囲気が結構気に入っていた.
d0023240_16215519.jpg

で,当時からあったかどうかは定かではないが,こんなものを発見!
d0023240_16225741.jpg

d0023240_1623205.jpg

d0023240_16241558.jpg

クリーニング店の左側面に置かれていたが,実際に稼働しているかどうかは不明.

それにしても何か笑えるネーミングだ.
[PR]
by E_physician | 2005-07-30 16:38 | その他

たかが,されど,鍋つかみ

d0023240_23141790.jpg

d0023240_23142897.jpg

 アメリカで買ったシリコン製ミトン(鍋つかみ).たかが鍋つかみ1個に$20($1=¥110当時)は,私としてはちょっとした決断だったが(みみっちーなぁ),このラベルの写真が何だか可笑しくて,買ってしまった.


d0023240_225322100.jpg

拡大版はこちら

 焼けて真っ赤になったオーブンに直接触れても大丈夫!な写真は頼もしいが,パスタゆでてるナベにこのミトンつけたとしても手を突っ込んでパスタをつまみ出す人は,日本にはあまりいないんじゃないだろうか(そういう衛生感覚の人は).
d0023240_22543265.jpg

 購入の理由はもう一つ.本当に熱さを感じないミトンにはついぞ出会わなかったから.それまで使っていたのは防火服素材使用の,東急ハ*ズで売ってる鍋つかみでは最高値(といっても¥2,000くらい)の品だったけど,それですら焼けたオーブンプレートを握って歩くには4-5歩が限度だった.
 でも,このシリコン製ミトンなら,基本的には大丈夫.ただ,手掌側の溝の浅い部分に熱いナベの辺縁が当たると...やっぱり熱かった.ベースがもっと厚ければ完璧だけど.

 ネット実勢価格は各社横並びで¥4,000.鍋つかみ一つ(片手分)に¥4,000はちょっと高いな.
[PR]
by E_physician | 2005-07-26 23:27 | その他

絶滅危惧種?

 その昔,ウッチャンナンチャン司会の『投稿!特ホウ王国』という番組があった.その中で「剥製の鳥が動いた!」とかいうネタがあり,実は剥製ではなく,ほとんど動かない鳥だった,というオチ.60分くらい撮影して超早送りして,ほんのわずかに動きがわかる,というくらいほとんど動かない鳥と紹介されていた.
 残念ながら鳥の名前を覚えてなかったので,詳しく知りたいなぁと思いつつ記憶も薄れかけていたところ,先週の『ブロードキャスター』でついに再会! 今度はメモったぞ.

 “ハシビロコウ”

 最近 人気急上昇中らしく,立つレッサーパンダの次はハシビロコウかと,あちこちで取り上げられているようだ.

 ほとんど動かないとはいえ,動くときはそれなりに動くのだが,目の前に餌の入ったバケツを置かれても,がっつくわけでもなく,一度くわえた魚を落っことしてしまったりなど,とにかく鈍くさい.
 実際,あまりに動かないため捕食されやすく,絶滅の危機だとして,ワシントン条約でも絶滅危惧動物に指定されているらしい.
 しかし,鈍くさいからすぐ食べられて絶滅しそうって...それっていわゆる自然淘汰ではないか.人間の乱獲により絶滅寸前なのであれば,保護も必要かもしれないが,この場合,保護しすぎるのは過剰な介入というものだろう.
 まぁ,何を“絶滅危惧”種と指定するかは,(一部の)人間が勝手に決めてるんだけどね.


 Shoebill Photos・・・ハシビロコウマニア(と思われる人)のサイト.ひたすらハクビロコウの写真が並ぶ.
[PR]
by E_physician | 2005-07-19 00:28 | その他

役不足

「A」打ち切り、久米と日テレに温度差

予想通り,久米宏に「A」は“役不足(本来の,正しい意味で)”だった.

立て板に水トークな久米宏が好きな私でも,放映前に雑誌でこの番組の紹介を読んで,なんじゃそりゃ?って感じだった.メーンキャスターが久米であることを除けば,何がおもしろいのか,さっぱりわからなかった.実際 視聴してみても(おもしろそうだから,ではなく,久米宏が出るからとりあえず一度は観てみるか,と),本当に心底つまんない.2回目までは惰性で観てしまったが,以降はもう視聴打ち切り.

私としては,かつての「TVスクランブル」的なものを期待していた(というより,あれを復活させてほしいくらいだ).しかし,見事に期待は裏切られた.ただ,これは久米宏の問題ではなく,久米宏という人間を活用できなかった制作側の問題だ.こんなひどい企画,よく通したなぁ...日テレ.

やたらうじゃうじゃ出演者が多いのも,企画の貧しさの表れだ.私の友人は,このテの,やたらとコメンテーターの多い番組を「売れない芸能人救済番組」と呼んでいる...うまい!

まぁ,「A」の出演者は必ずしも売れない芸能人ばかりではない...かな?

記事引用
[PR]
by E_physician | 2005-06-24 22:41 | その他

d0023240_222170.jpg

新聞でよく見かけるヒサヤ大黒堂の文字.実際に巨大なの看板(しかも赤い...)を初めて見た時はギョッとしたものだ.これって夜になると電気が灯くんだろうか.

ちなみに,広辞苑では「じ」となっている.でも「ぢ」の方が痛そうでインパクトあるな.
[PR]
by E_physician | 2005-06-04 02:04 | その他

ホテルのセキュリティって...?

 今からおよそ10年ほど前,アメリカのある有名なホテルに宿泊した.そのホテルの鍵は,クレジットカード位の大きさの硬質の光沢紙に小さな孔がボコボコ開いているもので,それを水平に差し込むことでドアが開く仕組みだった.客が入れ替わる度に孔の位置の組み合わせが変わり,セキュリティ上,安全ぽく見えた.また,日本の多くのホテルのように,フロントでいちいち鍵を預けたり受け取ったりしなくていいという利点はあった.

 さて,チェックインしていったん外出した後,ホテルに戻り部屋のドアを開けようとすると,まったく解錠しない.困り果ててフロントに行き「1535室(←まぁ,こんな風な数字だった)だけど,カード差し込んでも全然開かないんだけど」と言うと「じゃあ,新しいカードキーを再発行します」といって,新しいカードを渡された.それを持って1535室のドアに差し込むと,今度は問題なく,ドアが開いた.しかし...

 自分の部屋に空き巣が?!と,ショックのあまり声も出なかった.なぜなら,入ってすぐのところに開け広げてたはずのスーツケースがなかったからである.しばし呆然と立ちつくし(その間 20秒間くらいだったろうか),改めて部屋を見渡すと,自分の置かれた状況がようやく理解できた.

 それは私の部屋ではなかったのである! つまり,自分の部屋が1535室だと勘違いしていただけだったのだ.奥の方で人の気配がして(どうも奥の間で人が寝ていたらしい)慌ててドアを閉め,フロントに駆けつけた.

 事情を説明すると,名前を聞かれ「あなたの部屋は1545室です」と冷たく告げられ,蔑むように私を見ながら新しい鍵を渡された.私はといえば,ただひたすら平謝りで,恐縮するばかりだった(この時はおとなしい日本人だったんだなぁ).

 だが....後でよーく考えてみると,謝る必要は何もないことがわかってくる.そもそも相手が誰かをろくに確認もせず,新しい鍵を簡単に渡すこと自体が問題なのである.

d0023240_22185049.jpg
 なぜこの件を思い出したかというと...先日 出張で日本の某ビジネスホテルに泊まったとき,外出から帰ってフロントで「503号室です」と言うと「鈴木様(仮名)ですね?」と簡単にキーを渡されたからだ.何百人もいる宿泊客の顔を全部覚えているわけでもないだろうに,他人が現れて適当に「×××号室です」と言えば,すぐキーを渡すんなら空き巣は簡単だよなぁ.
 後でメールで問い合わせをしたら「今後はお客様にお名前を言って頂くように改善します」とのことだったけど.

 さらに,これもつい先日だけれど,某有名温泉地のかなり老舗の旅館(客室数20室ほど)でのこと.外湯から帰ってきて,お酒も入ってて部屋番号がちょっとあやふやになり「えーっと,部屋番号ちょっとあやふやなんですけどー,確か13号室だったかな? 角にある部屋で,12畳くらいの広い部屋で...代表者名は鈴木(仮名)なんですけど...」とできうる限りの説明をしたら,番頭さんみたいな人がすぐ鍵をくれた.で,これまた別の部屋だったんだよなー.この時は,部屋番号を頼りに廊下を歩いたら,明らかに全く別の部屋だったから,すぐフロントに戻って取り替えてもらって事なきを得たが...

 たまたま私の運が悪いんだろうか...
[PR]
by E_physician | 2005-05-16 22:16 | その他

最近見つけたスグレモノ  ネームオフ

d0023240_0431846.jpgd0023240_0433349.jpgd0023240_0434211.jpg
ダイレクトメールとか,宛名そのままで封筒をゴミ箱に捨てるのはちょっと気になるけど,シュレッダーを買うほどでも... で,見つけたのがこれ.孔開けパンチの応用で,パンチ孔が7つ並んでいる.2列くらいガチャガチャやると,宛名部分をボコボコにできるので,安心して捨てられる.

大きい封筒でも個人を特定できる部分って,宛名部分くらいだから,個人ユースにはこれくらいで充分である.

紙をシュレッダーにかけると繊維がズタズタになり,再生できないと聞いたことがあるけど,本当なんだろうか.確かに紙を破く時,スーッと裂ける方向とそうでない方向があって,繊維の向きがありそうだが.その点でもこれは有用だと思う.

name-off
注:アフィリエイトではありません.
[PR]
by E_physician | 2005-05-07 00:51 | その他