<   2005年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「助かった」のか...

昔 住んでた所の近くで学会があったので,久しぶりに当時のアパートを訪ねてみた.
d0023240_16204029.jpg

手前の駐車場は,私が住んでたときは隣家の庭だった.6畳1Kユニットバスで,管理費込み¥83,000くらい(バブル期に借りたので)だったが,今ではこの家賃では借り手がつかないだろうなぁ.

すぐ側には昔ながらの商店街もあり,下町風情も少し漂う雰囲気が結構気に入っていた.
d0023240_16215519.jpg

で,当時からあったかどうかは定かではないが,こんなものを発見!
d0023240_16225741.jpg

d0023240_1623205.jpg

d0023240_16241558.jpg

クリーニング店の左側面に置かれていたが,実際に稼働しているかどうかは不明.

それにしても何か笑えるネーミングだ.
[PR]
by E_physician | 2005-07-30 16:38 | その他

本日のランチ

d0023240_122879.jpg

 某街中で¥900はお得.下手に自炊するより,栄養のバランスがとれている(←自炊をあまりしないことの言い訳).
 すぐ近くにランチタイムの間中 行列のできる店があるせいか,この店は満席にはなるが並ぶほどではなく,意外な穴場である.
[PR]
by E_physician | 2005-07-30 01:07 | ごはん

たかが,されど,鍋つかみ

d0023240_23141790.jpg

d0023240_23142897.jpg

 アメリカで買ったシリコン製ミトン(鍋つかみ).たかが鍋つかみ1個に$20($1=¥110当時)は,私としてはちょっとした決断だったが(みみっちーなぁ),このラベルの写真が何だか可笑しくて,買ってしまった.


d0023240_225322100.jpg

拡大版はこちら

 焼けて真っ赤になったオーブンに直接触れても大丈夫!な写真は頼もしいが,パスタゆでてるナベにこのミトンつけたとしても手を突っ込んでパスタをつまみ出す人は,日本にはあまりいないんじゃないだろうか(そういう衛生感覚の人は).
d0023240_22543265.jpg

 購入の理由はもう一つ.本当に熱さを感じないミトンにはついぞ出会わなかったから.それまで使っていたのは防火服素材使用の,東急ハ*ズで売ってる鍋つかみでは最高値(といっても¥2,000くらい)の品だったけど,それですら焼けたオーブンプレートを握って歩くには4-5歩が限度だった.
 でも,このシリコン製ミトンなら,基本的には大丈夫.ただ,手掌側の溝の浅い部分に熱いナベの辺縁が当たると...やっぱり熱かった.ベースがもっと厚ければ完璧だけど.

 ネット実勢価格は各社横並びで¥4,000.鍋つかみ一つ(片手分)に¥4,000はちょっと高いな.
[PR]
by E_physician | 2005-07-26 23:27 | その他

外国人力士はなぜ日本語<の発音>がうまいのか

 外国人のお相撲さんの日本語は,なぜかとっても上手である.高見山を始め,小錦,曙,朝青龍...とりわけ発音がより自然な点が際立つ.もちろん,多少のクセは残っているが,いわゆる「ワタァーシノォー,クーニデワァー」みたいなしゃべり方をする人はまずいない.日本に長年住んでいる外国人タレントなんかよりはるかに自然な発音である.

 日本語をうまく話せないと(話せても,だろうが)過酷な環境にあるからかなぁ,発音が悪いと兄弟子や親方に厳しく矯正されたりするんだろうか,などと思ってネット検索していたら,

d0023240_23572099.jpg 「外国人力士はなぜ日本語がうまいのか
 ―あなたに役立つ「ことば習得」のコツ」
  宮崎 里司 著

なる本を発見.早速読んでみたのだが...
 強い動機づけ,ハングリー精神,生活環境,24時間日本語漬け...等々分析されてたのだが,なぜ発音が上手いのか?という私の疑問には結局答えてくれなかった.

 例えば長年 英語圏に住んでいる日本人が,強い動機づけがあっても,24時間英語漬けでも,ハングリー精神旺盛であっても,native speaker並の英語の発音をしている人は多くはない.海外で活躍・成功している日本人を紹介するTV番組でも,確かに意思の疎通には問題なさそうだが,発音という点ではイマイチな方が多い.私の友人にしても,アメリカやイギリスに留学(≒遊学)したのがいるけど,発音が格段に上手くなったということはない.もちろん,フランス人はフランス語訛りの英語を話すし,ドイツ人はドイツ語訛り,だから日本人が日本語訛りの英語をしゃべっても,恥じる必要などない.しかし,上手くなりたい,って思いは誰しも少なからずあるだろう.自分がもし外国人で,日本語を学び始めたら,日本人みたいな発音したいと,きっと思うに違いない.ただ,成人してからの外国語,とりわけ発音の習得はなかなか難しい.だから外国人力士の日本語の発音の旨さに舌を巻くのである.

 不思議だ.
[PR]
by E_physician | 2005-07-24 00:18 | 語学...っていうか英語

「入ってます」

R・レッドフォード,P・ニューマン主演の映画「スティング」.
敵に追われ,女性用トイレの個室の中で女の陰に隠れるR・レッドフォード.敵がやってきて,個室のドアをノックされ,女が答える.

 "It's taken."

 「入ってます」


「入ってます」って英語では受け身なんだー!と,しばし感動.そう,“誰が”入ってるかは問題ではないのだ.


ただ,現実には,ドアをノックされたら,ノックで返す人がほとんどだと思うけど.
[PR]
by E_physician | 2005-07-22 01:50 | 語学...っていうか英語

度量衡

 交通外傷で運ばれてきた80才代の男性.頚損に対し,ステロイド大量投与すべく,

  「体重何キロですかー?」

  「十四貫」

  「・・・」


 一貫って,何キロだ? 同僚医師が広辞苑をひきに走る.戻ってきて
  「一貫=3.75 kgだから,52.5kg」




 さて,この患者さんが転院する日,
  「救急で来た時,体重聞いたら十四貫って答えたの,覚えてます? kgは使わないんですか?」 と聞いたら,

  「52キロだよ」

  「...」


 ...からかいやがったな,ジジイ(←別れの寂しさをこめて)
[PR]
by E_physician | 2005-07-21 01:24 | 医学・医療一般

スローな死にしてくれ

北海道安楽死事件のその後に思う


 (以下はあくまでも高齢者に限っての話である.話を複雑にしないために)

 どんなに高齢でも,脳死状態でも,意識回復の見込みがなくても,もって長くて数日~1週間でも,パチンと呼吸器のスイッチを切ると,書類送検される可能性がある.

 ADLにもよるが,90才という高齢者の心肺停止でも,救急搬送されたら蘇生処置をせざるを得ない.家族は必ずしも蘇生を望んで救急要請してるのではなく,単に急変して気が動転しているだけ,ということが少なくない.なぜなら,20-30分のCPRの後,処置室で死亡確認となった場合,比較的すんなり(死を)受け入れられることが多いからだ.

 高齢者の心肺停止患者を蘇生した場合の典型的なパターンは,
    心拍再開
  → 呼吸器装着(しかし脳死状態)
  → 家族会議
  → 「もう充分やっていただきました.後は自然に」=DNR
  → 数日後に死亡
 最初は集まっていた親族一同も徐々に足が遠のき,5-6日もすると「先生,(最期は)いつ頃になりそうでしょうか」「ずっと付き添わないといけませんか」「帰りますので,その時(最期)は呼んでください」
 ...だったら最初からDNRにしといてくれよ,と思うのは医療関係者だからである.一般の人は,こういう現実を,当事者になるまで知らないのだ.

 こうして,輸液は減らし,検査もせず,ただ呼吸器だけが心臓が止まるまで(死亡確認してスイッチを切るまで)せっせと動くという状態になる.つまり,パチンとは切らないが,徐々に蘇生を中止するというのがほとんどの病院で行われていることであり,それが問題になることは今後もないだろう.

 今回の事件で学べることは,即~数分単位で死に至る撤退は不可(でも,数日かけて治療撤退するならOK)ってこと.つまり,スローな死にしてくれ,と.
[PR]
by E_physician | 2005-07-19 23:00 | 医学・医療一般

絶滅危惧種?

 その昔,ウッチャンナンチャン司会の『投稿!特ホウ王国』という番組があった.その中で「剥製の鳥が動いた!」とかいうネタがあり,実は剥製ではなく,ほとんど動かない鳥だった,というオチ.60分くらい撮影して超早送りして,ほんのわずかに動きがわかる,というくらいほとんど動かない鳥と紹介されていた.
 残念ながら鳥の名前を覚えてなかったので,詳しく知りたいなぁと思いつつ記憶も薄れかけていたところ,先週の『ブロードキャスター』でついに再会! 今度はメモったぞ.

 “ハシビロコウ”

 最近 人気急上昇中らしく,立つレッサーパンダの次はハシビロコウかと,あちこちで取り上げられているようだ.

 ほとんど動かないとはいえ,動くときはそれなりに動くのだが,目の前に餌の入ったバケツを置かれても,がっつくわけでもなく,一度くわえた魚を落っことしてしまったりなど,とにかく鈍くさい.
 実際,あまりに動かないため捕食されやすく,絶滅の危機だとして,ワシントン条約でも絶滅危惧動物に指定されているらしい.
 しかし,鈍くさいからすぐ食べられて絶滅しそうって...それっていわゆる自然淘汰ではないか.人間の乱獲により絶滅寸前なのであれば,保護も必要かもしれないが,この場合,保護しすぎるのは過剰な介入というものだろう.
 まぁ,何を“絶滅危惧”種と指定するかは,(一部の)人間が勝手に決めてるんだけどね.


 Shoebill Photos・・・ハシビロコウマニア(と思われる人)のサイト.ひたすらハクビロコウの写真が並ぶ.
[PR]
by E_physician | 2005-07-19 00:28 | その他

WE'RE NOT AFRAID.com

d0023240_23592371.jpg



WE'RE NOT AFRAID.com
show the world that we're not afraid of what happened in London, and that the world is a better place without fear.

 つい先ほどCNNで紹介されていたので,覗いてみた.何げないスナップに手書きで"We're not afraid"と書き込んだだけのものから,プロ並みの画像処理をしたものまで,世界中から投稿された画像が並んでいる.


この写真は加工だと思うのだが...CNNでは指にボカシがかかっていた.
d0023240_17362988.jpg

言葉遊びがシャレてる.
d0023240_17371245.jpg

このオバさんの方が怖そうだ.
d0023240_17363931.jpg

こういうギャグ,好きだなぁ.
d0023240_17365164.jpg

d0023240_1737378.jpg

d0023240_17372523.jpg

d0023240_17373629.jpg

これって,海外版「北斗の拳」?
d0023240_1738135.jpg

d0023240_17382640.jpg

 膨大な画像があるので一通りざっと観るのもけっこう時間がかかるが,一見の価値あり.

 しかし...一昔前にはこんなこと不可能だったよなぁ.すごい時代だ.
[PR]
by E_physician | 2005-07-16 17:41 | ネット

患者さんにわかりやすい言葉で話すには

 某HPに,研修医向けの指南として「医学専門用語をできるだけ使わない説明を」という至極当たり前のことが書かれていた.しかし,現実の問題は,医師(研修医だけではない)の側に,どこまでが医学用語でどこからが一般の人でもわかる言葉か,というのがはっきり線引きされてない(わかりづらい)から問題なのである.

 私がいつも指導するポイントは,単純に

 漢字熟語とカタカナを極力避けること

である.これを実践するだけで,わかりにくさのかなりの部分は改善されると思う.例えば,(これは私が実際に耳にした発言であるが)研修医が患者さんに向かって曰く
 「がいになってください」
漢字で書くと「臥位になってください」で,臥位=仰向けだ.耳だけで認識している患者さんにすれば「?」である.案の定 この時 患者さんには通じていなかった.

 日本語は同音異義語が非常に多い(世界一といってもいい)言語である.
 「挿管して人工呼吸をしなければなりません」
は,患者さんや家族の耳には
 「そうかんしてじんこうこきゅうを・・・」
と聞こえるわけだが,そうかんの同音異義語には,挿管・創刊・送還・相関・相姦・・・と多数あり私の電子辞書版 広辞苑では19個ある.医療関係者以外で,即座に「挿管」が思い浮かぶ人はそう多くはないと思われる.
 「息を吸ったり吐いたりする通り道に管(くだ)を入れて,息をするのを手助けしてやらなければなりません」
 このように漢字熟語をなくせば,かなりわかりやすくなると思うが,いかがだろうか.

 普段医療スタッフが当たり前に使っているカタカナ語のカテーテル,シリンジ,ストレッチャー,ドレーン,シャント・・・ これらも一般の人には決してわかりやすいものではないことを肝に銘じておくべきだ.

 言うまでもないが,ここで述べたのは使用する用語についてのみ.説明内容が支離滅裂とかいうのはまた別の問題である.
[PR]
by E_physician | 2005-07-15 22:42 | 教育