<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

タミフル

 昨年は

 主訴:インフルエンザの薬(= タミフル)希望 

みたいな患者さんも少なくなかったが,今年は(まだ検査陽性者には出会ってないが)臨床的にかなり疑わしい患者さんに,「タミフルはちょっと...(いりません)」と言われてしまった.今年はこのパターン多いんだろうな.

 昨年なら,こんなことはあり得なかった.「48時間以上経ってますから(適応外です)」と説明しても,出してくれとしつこく食い下がられることもあったのに.

 タミフル備蓄不足というニュースもあるが,先のタミフル服用後の異常死に関する報道の影響もあり,今冬はタミフルを希望する人と拒否する人とで,最終的には相殺されるんじゃないだろうか.

 それにしても,タミフルによる(?)異常死報道は絶妙なタイミングだった.タミフル備蓄が不十分である(といっても日本は世界の約7割を使用する最大の消費国らしいが)ことに対する国民の不満をそらすのが目的だったんじゃないかとうがった見方もしてしまう.

 実は同じ作用機序のリレンザ(ザナミビル)という薬もある.吸入薬で,感染部位への到達時間は早く,全身への副作用リスクは軽減されているらしいが,取り扱いがやや面倒なのが難点である.手先の覚束ない高齢者には処方しづらい.


 "Tamiflu"って,"tame flu"なのかな.つい“民”という字を連想しちゃんだけど.
[PR]
by E_physician | 2005-11-30 01:04 | 医学・医療一般

後ろの方が危ないんだけど

 タクシーの後部座席に乗って,シートベルト締めようとしたら,運転手が苦笑しながら「締めなくてもいいですよ」

 「いや,あなたの運転がどうこうという問題じゃなくてね...」
 「誰もしてませんよ」
 「私はするんです」

 面倒くさいけど説明してあげた.
 あなたの運転に非がなくても事故に巻き込まれることもあること.後部座席の方が車外放出率が2倍も高いこと.シートベルト非着用者(運転席だが)の致死率が着用者の約37倍だったというデータが出たこと.後部座席のシートベルト非着用にペナルティがないのは,移行措置に過ぎないこと.

 普段 悲惨な交通事故の現場をよく目にしているはずの救命士達ですら,「後部座席に乗ったとき,シートベルトを締めるか」「後部座席に家族を乗せたとき,シートベルトを締めさせるか」と問うても,うなずく人はまずいない.救命士でこんな具合だから,一般人の着用率が低いのは無理もない.後部座席は非着用でも安全だと誤解される一因は,罰則規定がないからではないかとも思われる.

 子供が乗っています,などという無意味なステッカーを貼った車の後部座席で子供が飛び跳ねて遊んでいるのを時折見かける.こういうのって,親の責任はどうなんだろう.もしこの車が事故にあって,子供が車外に投げ出されて死亡した場合,運転手である親の過失も問われるべきではないか.

 タクシーによっては,後部座席がシートカバーで覆われていて,装着できないこともある.今日乗ったタクシーでも後部左側のシートベルトは凹側が壊れてて,右側座席に移動してやっと装着できた.運転手さんは私の説明に傾聴してくれ,「シートベルト,ちゃんと直しときます」「小さい子を持つ娘にもよく言っときます」

 タクシーに乗る度に講義しないといけないかな.

d0023240_012133.jpg
 JAF 衝突実験の動画(後席シートベルト有無の違い)

記事引用
[PR]
by E_physician | 2005-11-29 00:15 | その他

かなり親切

 学会帰りの新幹線.予約するのが面倒なのと,予定は未定なので私はいつも自由席である.

 まぁ座れるだろうと高を括ってたら,思ったより混んでて通路には7-8人が立っている状態だった.普段履かないパンプスなもんで,このままずっと立っているのはかなり辛い,纏足状態だなーと思っていたら,すぐ側の座席に座っていた若い男性が,「これどうぞ」と指定席特急券を差し出した.
d0023240_2341153.jpg 「え??」
 「通路側に座れたから」
 「本当にいいんですか?」
 「いいですよ」
 「どうしてですか?」(←かなり混乱してる)
 「いらないから」
 「ありがとうございます!!」

 狐につままれたような思いのまま指定車両に移動し,ちゃっかり座ることができた.

 要はこういうことだ.その男性は,理由は不明だがどうしても通路側の席に座りたかったらしい.しかし3列席の真ん中の座席しか取れなかった.そこで,自由席を狙ったら,運良く希望の通路側の席に座れたから,指定券は不要,と.

 おかげで爆睡しながら帰路につけた.
 こんな親切 久しぶり.本当にありがとう!!


 しかし...指定はなくとも特急券自体がないと,その男性 改札出れなかったんじゃないだろうか.もしそうだったら申し訳なかったなぁ...
[PR]
by E_physician | 2005-11-26 23:09 | その他

蚊に刺された程度

d0023240_23351471.jpg普通の注射器に取り付けられるタイプも作ってくれないかなぁ.
小児の予防接種や救急処置時に,潜在需要は多いと思うのだが.

それにしても,70本入りで2100円ということは,1個30円.この匠の技をもってして,この価格は驚異的(に良心的な価格)である.

汎用版の発売が待たれる.
[PR]
by E_physician | 2005-11-15 23:45 | 医学・医療一般

委細面談

 そんなひどい勤務条件・給与だったら,そもそも応募しなかったのに,と応募してから思い知り,応募辞退となるならば,募集側・応募者 両者にとって時間と労力のムダだと思うのだが.
 要するに,条件悪すぎて大っぴらに記載しづらいんだなと思われてもしょうがない.

d0023240_2338239.jpg
 このHPからリンクをたどると,沖縄県立北部病院と沖縄県立那覇病院の医師募集のページへ行けるのだが,
北部病院は,
■ 待遇/ 沖縄県職員採用規程に基づく(地方公務員法適用職員)
■ 給与/ 沖縄県職員給与条例に基づく支給


那覇病院は,こうである.



 こう対照的だと,前者に応募する医師はいないんじゃないかな.
[PR]
by E_physician | 2005-11-06 23:47 | 医学・医療一般

“どつぼにはまる”

 今日から年賀状発売.

 学生時代,生殖医療に関する本をあれこれ読んだ時期があった.
 不妊治療中の女性は「どつぼにはまる」という状態になることがあるという.不妊クリニックの待合室で,互いに不妊の間は一緒に励まし合う仲間なのに,相手が妊娠すると,一転して敵になり「流産すればいいのに」などと思ってしまう.街で妊婦を見かけると,嫉妬のあまり転んでしまえと思ったり...妊娠を願うが叶わない悲痛・焦燥感から生まれる心理状態である.
d0023240_0463898.jpg カラープリンタの普及もあって,年賀状に写真を印刷する人が多くなった.本人や,本人を含む家族の集合写真はまあいいとして,子どもの写真だけを印刷してくる人がいる.これ,上記のどつぼ状態の人にとっては,破り捨てたい衝動に駆られるらしい.
 私は上記には該当しないが,「この子と知り合いなわけじゃないんだけどなぁ...」とは思う.愛猫や愛車の写真と同じで,ねぇ見て見てー,という見せびらかし心理なのだろうか,などと,うがった見方もできなくはない.
 車や猫と一緒にするなー!とお叱りを受けそうだが,結局同じじゃないのかな.子供自慢もペット自慢も.
 まぁ,こちらは品評会よろしく「この子 アイドル並に可愛いなぁ」とか「うーん...(実の親にとっては可愛いんだろうなぁ)」などと批評して楽しんでみたりする.

 気心が知れて,互いに子供がいる家庭同士ならいいとして,そうでない相手にそういう年賀状を送る場合は要注意,というより,大いに気遣いが必要だ.結婚して数年経っても子供がいない夫婦は,ほとんどの場合「欲しくてもできない」ケースだからだ.「子供なんか絶対いらない」とか「うちはDINKS!」みたいに宣言している場合は別として.
 そうでなくたって,「子供はまだ?」という何げない(そのほとんどに悪意がないだけに却って始末に負えない)一言に,彼女達はさんざん苦しめられているのだから.

注:写真は実際のものではありません.
[PR]
by E_physician | 2005-11-01 00:55 | その他