<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

東横イン

 学会出張費もろくに出してくれないケチ病院に勤める私のような医者には,東横インは貴重な存在だ.ネット使い放題・朝食サービス・安さ・従業員がすべて女性・ほとんどが駅前 etc.で,たいていは東横インを使っている.もちろん4&5クラブの会員である.

 条例違反なら,これから相応のペナルティを受けることになるだろうし,改装しなおせと言われれば今度はさすがにごまかせない.これで評判が落ちれば客足が遠のいて,収益が減るわけで.だから,判で押したように幹部がズラッと並んで頭下げて謝罪すりゃいいってもんでもない.けど,あの社長,あそこまでふてぶてしい態度は反感を買うだけだということがわからないのかなぁ.

 現場では女性達が地道に働いている.従業員は臨機応変に客の求めに細やかに対応してくれるし,今まで嫌な思いをしたことは一度もない.ロビーに喫煙スペース(オープンスペース)があるのが唯一最大の不満ではあるが.

 「身障者用ルームは年に2-3回しか宿泊がなく,使い勝手が悪くて一般の人はあまり泊まらないから,どうせ倉庫と化してしまう」...というのは屁理屈にも程がある.車椅子で動けるためには広くなければならないし,むしろ広々として快適なはずだ.身障者じゃなければ泊まれないってわけじゃないだろうし(ひょっとしてそうなのかな?).たまに身障者用トイレに入ることがあるけど,はっきり言って広い!使いにくいなんてことはない.

 ここはまぁ,きちんと法に従って合法的な設計図通りに改装し直して(ついでに喫煙スペースを潰してくれるとなお良いが),再起を図ってもらいたいものである.社長のクビも挿げ替えてね.
[PR]
by E_physician | 2006-01-28 17:57 | その他

受験生じゃなくてよかったー

センター試験 初の英語リスニング 故障は大丈夫?
d0023240_2164064.jpg

 大学入試センターのHPでこのICプレーヤーの疑似体験ができるが,何ともまどろっこしい.見た目も安っぽくて,どうみても不良品が多そうだ.試験終了後に持ち帰ることができるってことは,多分 本当に安いんだろうなぁ.
 それに加えて,この英語のリスニング,やってみると意外と難しい.今だから解けるが,自分が高校生だった時のことを考えると,高得点は望めなかっただろうという気がする.

 周囲で大きな騒音や他の受験者の咳・くしゃみ等があっても救済措置はないとのこと.だったら,受験生全員に前のログで紹介したQuietComfort®2を使用させてはいかがだろうか.で,試験終了後はお持ち帰り自由,なーんてね.受験者倍増するよ,きっと.

記事引用
[PR]
by E_physician | 2006-01-19 02:31 | 教育

QuietComfort®2 ファーストクラスの快適性?をあなたに

d0023240_21145981.jpg 以前からずーっと気になってた.買おうか買うまいか...たかがヘッドホンに4万円はちょっとなぁ...

 でも,思い切って買ってみた.

 で...消音については,今ひとつ.電子レンジや洗濯機の音は軽減はされるが,感動するほど小さくはならない.まぁ,自宅内だし,レンジや洗濯機の音は騒音というほどのものでもない.確かにHPにも全くの無音状態になるわけではありませんと小さくない字(地の文と同じ大きさの文字)で書いてあるから,予想はしていた.想定の範囲内,といったところか.

 新幹線や飛行機内ならその良さが真に実感できるかもしれない(でも過剰な期待は禁物だ).気軽に座席に置きっぱなしにできないという緊張感も.
[PR]
by E_physician | 2006-01-17 21:15 | No Music, No Life

使えるセリフ

 会話中に適当に相づちを打ってしまうことがよくある.しかもそれが英語で,あまり重要でない内容だったらなおさら.バレてしまうと,かなりバツが悪いんだが,これって日本人の悪い癖だと思っていた.
 ところが,なーんだ,アメリカ人だってそういうことあるんだ,と気付かせてくれたのが"Meet Joe Black"中の以下の表現.
d0023240_0105854.jpg
Joe: That's the way it is with men and women, isn't it?
Susan: What's the way?
Joe: Nothing lasts.
Susan: Oh. Yeah, I agree.
Joe: Really? Why?
Susan: ...
Joe: No, I'm interested.
Susan: I was just trying to be agreeable.
Joe: Okay. All right. ...

 吹き替えでは「ただ相づち打ってただけ」…そのまんま.

 今度海外行ったら絶対使っちゃうな.
[PR]
by E_physician | 2006-01-16 00:28 | 語学...っていうか英語

これだけは知っておきたい

d0023240_16193533.jpg「消炎鎮痛薬とニューキノロン系抗菌薬の併用には注意しなければならない」とか「短時間に大量の胸水を排液してはならない」とかいう割と基本的な,絶対知ってなきゃいけない130項目以上の中に,


 左右を間違えて手術してはならない

  理由: 当然である



……“これだけは知っておきたい”という以前の,常識レベルの話なんだが...
[PR]
by E_physician | 2006-01-15 16:19 | 医学・医療一般

押し売り屋はなぜ潰れないのか?

d0023240_272222.jpg 現在の地に引っ越して2年余りになるが,当初から気になっていた折り込みチラシがある.ミシンの安売り.
 裁縫が趣味というわけではなく,ちょっと白衣がほつれたりとか,手縫いは面倒くさいなぁという時に,ミシンがあったらと思うことが時々あるので.
 ただ,何か安すぎる(=胡散臭い)なぁ,と思って様子眺めしていた.

メーカー希望小売価格 → 特価
¥63,000 → ¥9,000
¥66,150 → ¥10,500

 およそ3~4ヶ月に1度くらいだろうか,つまり年に3~4回ほどそのチラシは入ってる.いつもほとんど同じ価格帯,宣伝文句も同じ調子.小さい文字で書かれたご注文頂いた商品以外にもご説明させて頂く場合もあります.というのも何か怪しい.
 がしかし,チラシには店の地図(2店舗)もある.年に何回かこういうチラシを入れるってことは,一応 商売として成り立っているということになる.単に薄利多売のディスカウント業者か...そもそも土地柄この地域の住民が悪徳業者に対し泣き寝入りするとはとても思えない.しかもネットで業者名を検索しても出てこない.ということは,問題ない業者ってことでは?

 ...てなことをいろいろ考え,いやマジで買っちゃおうかな,などと思ってネットサーフィンしていたところ,以下のようなサイトに出くわした.
悪徳商法で近頃多い相談事例

安いミシンを頼んだはずが高いミシンを家に来て売りつけられた!(ミシンのおとり商法)

(典型的パターン)
ちらしなどで、かなり安いミシンが掲載されており、それを注文するために相手に連絡をとると、商品の引渡しのためや技術指導などと称して、販売員2人組が自宅に訪問。散々、チラシに載っている安いミシンをけなし、一緒に持ってきた高いミシン(30万円ほど)を強引に売りつける。

 ...やっぱり.良かった,接触しなくて.
 もちろん,高額商品を薦められたって,買わない自信はある.しかしそんな業者に関わらないに越したことはない.調べてよかった,ネット万歳!である.

 しかし,私がここに住んで2年余り,それ以前から営業していると推測されるから...多くの人がひっかかってる(ことに気付いてない?)ってことかなぁ.法律スレスレで摘発しにくい典型なのだろう.


 ミシンのおとり商法・ミシン業界については,以下のサイトが最も参考になった.デザイン・内容ともシンプルでわかりやすく,テキストサイト作りのお手本としても参考になる.
d0023240_252966.gifミシンの迷信
[PR]
by E_physician | 2006-01-09 02:17 | その他

他科の協力があってこそ

休祝日の急患受け入れず 福井大病院、麻酔医不足で

 福井大学の救急部と言えば,研修医のバイブル「研修医当直御法度」の著者 寺沢秀一先生のとこだ.24時間365日年中無休のER型でやっておられただけに,さぞかし無念であろう.
 たまたま受診した患者が手術が必要となったら,他院へ紹介するのだろうか.

 しかし,大学病院なのに麻酔科医が5人しかいないとは...ってことは麻酔薬で死亡した医師も充分な戦力だったということでもある.


 福井大学医学部付属病院 診療科のご案内・救急部 のページは,救急受診について一般の人向けに非常にわかりやすく書かれている.というか,これほどわかりやすく書かれた文章を見たことがない.当院でもパクろうかな.

記事引用
[PR]
by E_physician | 2006-01-06 23:36 | 救急

まさに命がけ

今朝の民放ニュースを観ていてギョッとした.

d0023240_16573094.jpgd0023240_16574650.jpg箱根駅伝最終日 8区を快走していた順大の主将・難波祐樹選手が意識もうろうとなり,左右に蛇行を始め,よろよろと歩きに近い状態となったり立ち止まったり...極度の脱水症状である.監督は併走しながら水を渡すのではなく,力ずくでも棄権させ,救急車を呼ぶべきであった.

この選手が完走したことを,マスコミが感動的なシーンのように扱うのも,毎度のことだが呆れてしまう.


d0023240_16575573.jpg同選手は倒れ込むようにタスキを渡した後,意識もうろうのまま順天堂大病院(さすがに順大だから順大病院か)へ運ばれ,手当てを受け大事には至らなかったらしいが,それはたまたま運が良かっただけである.意識障害を伴うような脱水症状(熱中症もあったかも)は一歩間違えれば死に直結する.

監督は「難波が誤算だった.脚がけいれんし,責任感の強い子なので精神的にパニック状態を起こして脱水症状を誘発した.正直悔しい.選手に申し訳ない」などと語っている.まるでわかってない.脚がけいれんしたから・責任感が強いからパニックになったのではなく,脱水によって脚がけいれんし,意識混濁して冷静な判断力を失ったのだ.

スポーツ監督をやっていながら,脱水症・熱中症の知識がないとしたら欠格だし,わかっててそのままやらせたとしたら未必の故意といっても過言ではない.


そもそもこの駅伝には,ドクターストップをかけるような医師はいないのか?


熱中症による死亡と指導者の責任
スポーツにおける医師の誤判断による責任

[PR]
by E_physician | 2006-01-05 01:14 | 救急

年末年始

あけましておめでとうございます.

……って書くのが何となく気恥ずかしく感じられてしょうがない(だから躊躇して今日まで書かず)のだが,blog開設して初めての新年なもんで,とりあえず挨拶してみた.

年末年始通して毎日フツーに仕事してるので,お正月気分なんてまるでない.ただ外来の混み具合に,「世間はお休みなんだなぁ」と思うだけである.

それにしても救急外来は殺人的に混みまくり.ほとんどの病院が休みだから当然ではあるが,正月早々みんなよく病院に来るなぁと感心する.いや,来るなと文句を言ってるのではない.こちらは仕事だし,来てもらって全然構わないんだけど,ちょっとした熱とか喉が痛い程度で年末年始に救急外来を受診しても,2~3時間は軽く待たされ,さりとて著効の特効薬が出されるわけでもなし(そんな薬ないし).それどころか待合室でインフルエンザをもらって帰る可能性も高い.

医学部入学前,つまり,ちっとも医療関係者じゃなかった頃,風邪ひいて病院に行くなんて考えたこともなかったけど(風邪で病院に行ったのは,どうしても診断書が必要だった1回きり),これって少数派なのだろうか.


さあ,明日(あ,もう今日か)も仕事だ.
[PR]
by E_physician | 2006-01-03 01:12 | その他