<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

End of Life

患者7人安楽死の疑い、医師が呼吸器外す…富山の病院

d0023240_2124029.jpg


以前 こういう川柳 作ったら

  敬老の日 みんなで考えよう DNR

同僚に 以下のように直された.

  敬老の日 みんなで考えよう DNR 自分のき方 (字余り)

最初のも悪くないと思うけどなぁ...

d0023240_21244238.jpg

<参考>
EOL(終末期医療)問題
緩和的鎮静: ダブル・エフェクト 日本の終末期医療の問題点
ヨーロッパ6カ国の終末期の治療;;;;人工呼吸中断など
良い死に方 悪い死に方 ・・・・ 終末期患者からの聞き取り調査

記事引用
[PR]
by E_physician | 2006-03-27 01:14 | 医学・医療一般

ジレンマ


<救急車>患者搬送に優先順位 緊急度や重症度を判断し

           ↑↓
<救急隊員>重症判断に限界 慶応大調査「適正」は2割


 救急車の出動件数が倍増し,現場到着時間も延びているというのが,その根底にあるのだが,電話によるトリアージはまず無理だろう.“判断を誤る可能性もあるため”って,判断誤ったら訴えられるよ,今の御時世なら.それを受けて立つ覚悟があるのかね.

 その代わりに,少なくともタクシー代の1.5倍くらいの搬送料金は,疾患にかかわらず取ってもいいのでは.そうすれば,今までタクシー代わりに使ってた人はタクシーを使うようになるだろうし,かかりつけだからというだけの理由で片道1時間以上かかる(救急車はカラで1時間かけて持ち場に帰る)病院を指定する患者も減るかも.
 同時に,重篤疾患患者や生活困窮家庭には一定の救急車チケットを配布する(あるいは一定回数・額は免除する)などして,真に必要な時に金銭的な理由で救急車を呼べなくなるのを防ぐ手だても必要だけど.

 救急車は各種医療機器を備えているので,1台総額 ン千万円,維持費も高額である.また,救急救命士などの有資格者が3人乗っており,人件費もそれ相応で,タクシー料金なんか足下にも及ばない.言うまでもなく,これらは全て税金である.

記事引用
[PR]
by E_physician | 2006-03-25 17:23 | 救急

そこまでやるか

そこまでやるか!献血アップへあの手この手

d0023240_16273978.jpg

メードによるハンドマッサージ目当てに献血に行く人.

1996年までに英仏に1日以上滞在歴がある
ので献血ひかえている健康な私.

記事引用
[PR]
by E_physician | 2006-03-25 16:29 | 医学・医療一般

嘘つき...

blog ザウエリズムより

■[医療]刑事罰におびえながら当直していますの一節
 もちろん、大部分の救急隊の方は尊敬すべき献身的な働きをしていると思います。ただ、ごく一部に非常に悪意のある嘘をつく救急隊の方がいて、それによってその地区の救急隊をひっくるめて悪く思ってしまいがちなのです。ひどい交通事故で頭も含め全身強打した人を「消化器外科医が当直で、レントゲンが撮れない病院ですけど、それで問題ない患者でしょうか」という問いに「問題ありません」と言って搬送して来たりとか。そうすると、そこから受け入れ病院を探し、紹介状を容易し、改めて救急車を依頼し、場合によっては同乗して再搬送です。この時間のロスは、疾患によっては命とりですので、適切な振り分けというのは必要だと思います。さて、ごく一部の救急隊が嘘をついてまで搬送してくることがあるというのは、その背後に、病院がなかなか受け入れないということもあります。しかし、これによって嘘をつくという行為は、さらに受け入れ病院をかまえさせるので、悪循環に陥ります。
(注:太字は筆者)

 やっぱり.私の思い違いではなかった.どこでもあることなんだなぁ.

 以前,明らかに意図的に虚偽の情報を伝えてきた隊があったので,厳重注意したけれど,きっと同じ事を繰り返すのだろう.人間はそうは変わらない.何のペナルティも受けないなら,なおさらだ.○○病院の××先生はうるさいから気を付けろよ,と言われる(多分 言われてる)のがオチである.

 それまでは,そういう目で救急隊を見ていなかったから,当初の受け入れ要請時の情報と,実際の患者の状態との間にかなりの解離があっても,「所詮 救命士は医者じゃないからなぁ,我々と同じレベルの診断能力を要求するのは無理ってもんだし」くらいにしか思ってなかった(我ながら純朴だな). ただ,時々 何か変だなぁ,気付けよこれぐらい,みたいな違和感は感じていた.

 今回 上記のログを読んで,積年の胸のつかえがおりた感じがした.

 お座なりの検証会なんかじゃなくて,その都度 救急隊の通報内容,処置内容について搬入先の医師に評価してもらうような仕組みを作ったらどうだろう.それをポイント化して,昇進や昇給にかなりの割合で反映させるようにすれば,救急隊の責任感も緊張感も増し,レベルアップにつながると思うのだが...
 無理だろうなー.議員年金を議員自身が廃止できないのと同じか.
[PR]
by E_physician | 2006-03-21 01:05 | 救急

トリアージ不要?

<救急医療>重症患者9000人が転送 実態10万人以上か

 救急隊のトリアージ能力の問題もあるだろうけど,こういう報道されちゃうと,オーバートリアージが加速するだけじゃないかなぁ.
 「どんな救急患者にも対応できる医療機関に患者をまず運ぶ体制を作るべきだ」なんて,簡単に言ってくれるよなー.それって要するに,重症も軽症も何でもかんでも二次救病院すっ飛ばして(高度)救命センターとかの中核病院へ搬送するってことじゃん.センターがパンク状態になったりするし,近場の病院で初療を受けずに数十km離れた大病院まで長時間かけて搬送するのが必ずしもいいとは限らないし.

 そもそも初期から3次まで対応できる医療機関って,そんなにないよ.

記事引用
[PR]
by E_physician | 2006-03-19 23:35 | 救急