<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

個人の責任

幼児3人死亡事故の福岡市、五輪招致行事を自粛

 福岡市の職員が勤務時間外に飲酒運転事故を起こしたからと言って,福岡市に抗議するってのはどういう了見なのかね.忘年会などのように職員が集団で飲酒し...って話なら別だが,これはあくまでもオフの時間の,職務とは全く関係ないことである.ついでに言うと,抗議の電話に対応している間も職員達の給料は税金から支払われているのだけどね.
 「職員教育もできないのに、五輪の候補地に名乗りを上げるべきではない」って,飲酒運転しないように,なんてことまで言わないといけないのだろうか,昨今の雇用主は.じゃあ,万引きは犯罪です,とか,未成年に淫らな行為をしてはいけない,とかまで指導しないといけないのか,社会人相手に.
 福岡市が加害者を懲戒免職にしたり,市長が「飲酒運転撲滅の先頭に立つ」と宣言するのは妥当であるが,謝罪する必要は(心情的にはともかく)ないと思う.五輪誘致とも全く関係ない.

 同様の理由で,野球部員が不祥事を起こすと,その高校が甲子園出場を辞退するのも,今に始まったことではないが,不合理極まりない.これまた野球部員が集団で暴行とかならともかく,個人が私的に行なった行為によって,集団で責任をとらされるとなると,他のメンバーの心の傷は言うまでもなく,当の本人が受ける社会的制裁(針のムシロ)はすさまじい(それが目的なんだろうけど).一生 立ち直れないんじゃないか.実際,ほぼ毎年どこかしらでニュースになるから,結局 抑止力にもなってないけど.

 結局 そうして集団に責任を求めることで,個人の責任を曖昧にしてしまうことの方をみんな求めているように見える.そう言えば,無駄な道路 作ったり,税金の無駄遣いしても,誰も責任取らないしな.

記事引用
[PR]
by E_physician | 2006-08-29 22:55 | その他

飲酒運転の危険性

d0023240_0155680.jpg飲酒運転危険性の体験メガネ
税込価格:¥28,350


 リンク先にアクセスすればわかるが,ジョークじゃなく,まじめに作られた製品である.ただ,さすがに個人で買うにはちょっと高い.それにこれを装着して無謀な運転をしてもよい場所(+ぶつけてもいい車)も必要なわけで,運転免許試験場なんかじゃないと無理かな.免許更新時にでも体験を義務付けてはどうだろう.
 私は単純に好奇心で,これ,体験してみたいと思うのだが.飲酒運転は実際にはしないから.


追突・転落の3児通夜、弔問の福岡市長に遺族涙の訴え

記事引用
[PR]
by E_physician | 2006-08-28 00:28 | その他

見方 変えれば

「法律には限界ある」堀病院長が開き直り

 開き直りかぁ...

 ことの是非はともかく,現場が勝手にやったことなどと,下々の者のせいにせず,院長自ら認めてくれると,働いている職員の士気は低下せずにすむな.

 「看護師に内診行為をさせたのは私の責任」

 人の上に立つ者として,立派な発言である.ま,本来は当たり前の姿なんだけどね.

記事引用
[PR]
by E_physician | 2006-08-24 23:06 | 医学・医療一般

熱湯!甲子園

早実優勝の話題で世間は持ちきりですが...

私が学生の頃,確か生理学の授業で,ある学外講師が招かれて,体温調節というテーマで話をされたことがあった.その中で曰く「本当は気温が3*℃を超えたら外でスポーツなんかしちゃいけないんですよ.熱中症の予防についてのパンフを作ろうとしていて,気温3*℃を超えたら屋外スポーツ禁止という一文を入れようとしたら,高○連がそれだけはやめてくれって...甲子園やれなくなるから,っていうんで,しょうがなく,屋外のスポーツは注意して,みたいな文になりました」(記憶はあやふやだけど,ま,だいたいそんな内容)

サッカーのワールドカップだって,日本ほど暑くないドイツですら,現地時間の夜18時 開始なわけで.日本のような高温多湿国で真夏の炎天下に連日試合を行なうことが,適切なのかどうか,そろそろ考えてもよいのでは?

熱中症の患者を連日のように診ていると,今まで甲子園で誰も死んでないのが不思議なくらいだ.
[PR]
by E_physician | 2006-08-22 22:35 | 医学・医療一般

Conversation peace

d0023240_22323093.jpg全然タイムリーではないけれど,久々に斉藤美奈子の著書を読んだ.例によって納得するところ満載.中でも以下の部分は,そうそうそうなんだよ,と思わず膝をたたいた.

p.023
 べつにむずかしいことではない.女性にとっての妊娠や出産はかなりデリケートかつプライベートな問題なので,一般論であっても特定の個人についての詮索でも,相手が既婚者でも単身者でも,原則として避けておくのが賢明.「××子さん,子どもはまだなの?」程度の会話でも,実の母娘なら口げんかのもと,嫁姑なら陰険な確執のもとになるのだ.
 生まれてもいない子どもの話はわざわいのもと.この件では,そうとう親しい同性の友人や家族でも,一定の気づかいが望まれる.まして事情を知らない人の場合,当人から打ち明けられない限り,話題にするのはやめておいた方がいい.


 私のかつての職場にはやたらと詮索好きな人がいて,鬱陶しくてしょうがなかった.根っからそういう性質(たち)な人なので,悪気がないだけに,却って始末に負えない.そういう人に上記のようなことを言えば,きっと「そんな腫れ物に触るような感じじゃ堅苦しいじゃないか」などという反応が返ってきたことだろう.
 プライベートをネタにできないと堅苦しいと感じるなら,それはあなたのコミュニケーション能力の貧しさの表れだ.他に話題はないのか,と.



 ついでにもう一点.いわゆる土俵問題について.

女性の授与者が「土俵の下」にいて「土俵の上」の優勝力士に杯を渡せばよいのである.むろん優勝力士にも土俵を下りていただくか,土俵際まで移動していただく.

 もらう側の力士に土俵下におりてきてもらう,に基本的に賛成だが,亜型として,スキを見計らって(知事が)土俵に駆け上がっちゃう,というのはどうだろう.既成事実化というか前例を作っちゃう,という...いや,冗談だってば.

 知事をクレーンでつり上げて宙に浮かして渡させるという,土俵の上方(over/above)だけど土俵上(on)ではない,っつー案もあったな.確か永六輔だったような.
[PR]
by E_physician | 2006-08-19 22:33 | その他