<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いちかばちか

新小児科医のつぶやき 2006-11-08 救急の黄昏

 心嚢穿刺って,救急医でもそんなに経験しないものなんですがねぇ.

 ましてや心嚢切開や開窓術なんて...確かに救急認定医・専門医試験で必ず問われる知識ではあるが,胸部外科出身者か,三次救急系のいわゆる“やりたがり救急医”じゃないと,自信を持ってはやれないだろう.言い換えれば,適応を拡大して(言葉は悪いが)切りまくらないと,熟練というレベルには達しない.かくして,そういう救命センター(の裏口)から運び出されるご遺体には,胸に大きな傷があることが多いという.

 私は★年目の救急医で,心嚢穿刺はやったことはあるが数える程.心嚢切開や開窓術なんて見たこともないし,私の周囲でも(胸部外科医以外は)経験者はいない.でもって,心嚢穿刺に失敗して合併症でも起こそうもんなら,「わずか●回の経験しかないにも関わらず...」「いちかばちかでやってもらっては困る」って逮捕されてしまうのだろうか(だろうね).

 因果な商売だ.


ザウエリズム 【Zawerhythm】 [医療]救急病院の医師は神でなくてはならないという判決曰く
正直、現場でみている限り、数少ない救急専門医だって、各領域の細かいところにまで精通しているとは限らないため、トリアージの後は、専門医に回すことが多いと思います。最後まで手を出す救急医というのは、本当にごくごく一部です。

 まさにその通りである.
[PR]
by E_physician | 2006-11-09 00:51 | 救急

「関白宣言」の替え歌

出所は2chらしい.最近 コピペが多くてスマソ.


お前を灘にいれる前に 言っておきたい事がある

かなり生臭い話もするが 俺の本音を聞いておけ

医学部だけは行ってはいけない あとを継ごうなんて思ってはいけない

もっと世間をみろ ほかの仕事をしろ くえる範囲で かまわないから

忘れてくれるな 産科をやるよな男に 家庭を守れる はずなどないってことを

お父さんにはとりあえず しばらく帰れない事情があるから

家族みんなで協力して 健康気をつけ生きていけ

拘置所の面会と定期試験と 学業の方が大事だ そっちを優先しろ

英語数学かしこくこなせ たやすいはずだ勉強すればいい

父のこと言うな聞くな 周囲のつまらぬ挑発にはのるな

俺は懲役はない たぶん執行猶予がつく

つくんじゃないかな ま、ちょっと覚悟はしておけ

正義とは世間が 定めるもので 正論でどうこうできるものではないから

母さんはお祖父さんのところへ 家を逃れて出たようだから

帰る場所は間違えるな これから岐阜がお前の家

努力が実って偏差値が上がっても 医学部だけは行ってはいけない

例えばわずか商学部でもいい 医学部だけは行ってはいけない

6年経ったら俺の手を握り 文一か早稲田通ったと話せ

それはよく頑張った いい人生になるぞと 俺が言うから 必ず言うから

忘れてくれるな 父の愛する家庭は 愛する家庭は 生涯母さんとお前

忘れてくれるな 俺の唯一の誤算は 唯一の誤算は 生涯一産科医

[PR]
by e_physician | 2006-11-01 00:50 | 医学・医療一般