<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

スタバでは(タリーズでも)グランデを買うようになっちゃった

d0023240_23453446.jpg


いろんなものの価格という,身近な経済をわかりやすく紐解く著書の中に 第8章 子供の医療費の無料化は,本当に子育て支援になるか? という章(全部で9章)がある.この章のサブタイトルは 安易に政府に頼る国民は,結局は大きなツケを負わされ である.

P.218~
 所得格差の問題に関連させて考えても,悪影響が大きい政策です.所得格差をかえって拡大するという一例を挙げてみましょう.
 ①父親が充分な高所得を稼ぎ,専業主婦の母親や年金暮らしの祖父母がいる家族の場合には,時間コストをさほど負担に感じることなく,子供を病院に連れて行きます.②父親の低所得を補うために,母親もパートタイムで必死に働いていて,祖父母の支援などがない家族の場合には,あるいは,シングルマザーがひとりで働きながら子育てをしている場合には,病院の混雑の激化は,母親の所得を下げ,家族の暮らしを悪化させます.
 医療費が無料になることで,①の高所得家族は得をしますが,②の低所得家族は損をします.このような事例は,いくらでも考えられます.小児科医が減少して社会問題化している上京での「子供の医療費の無料化」は,本当に弊害が大きな政策で,格差の拡大さえもたらす危険性があるのです.
 もし,医療に関する政策を行なって,少子化対策としたいのであれば,減少・不足が問題となっている小児科や産婦人科の医者を増やすために,待遇(所得など)を他科の医者と比べて大幅に有利にするといった政策を考えるべきです.
 世の中には,「待遇のよさでつって,小児科医や産婦人科を増やしても,お金でつられる医者に診てほしくない」と批判する人もいるでしょう.しかし,それはまちがっていると筆者は断言します.
 社会にとって大いに役に立つ仕事をしている人たちが,人手不足の中で大変忙しい状態で働いてくれているのです.そういった職種の人が他人より高い所得を稼げないなら,一体どんな人なら,高所得に値するというのでしょうか.何か政策をおこなうというのであれば,所得などの待遇で報いずに,他の何で報いるのでしょうか.
所得そのものよりは,きちんと休めるという,待遇の方がより求められているのだけど,それはそれとして,ことの本質をついている.
 命を預かるという意味では,パイロットも同様なのに,「パイロットの給料は高すぎる」とか批判されないのはなぜだろう.「お金でつられるパイロットには飛んでほしくない」? いやいや,能力相応の所得を得て,充分な休息を取っているパイロットの操縦する飛行機に,私は乗りたいけどなぁ.

P.220~
何でもかんでも政府に期待して安易に要求する市民は,程度の差こそあれ,政治家と癒着して不当な利益を得る企業とさほど変らない問題を引き起こしている,と自覚すべきでしょう.
 この章の最後の一文.スルドい!
[PR]
by e_physician | 2008-06-20 00:05 | 医学・医療一般

初“女性自身”

d0023240_20462426.jpg


美容院で前に置かれるとムッとする雑誌だったのだけど,今号ばかりは買いに走ってしまった.

考えてみれば,硬派(?)を気取った,主として男性向け週刊誌なんかで扱われるより,このテの雑誌で取り上げる方がはるかに啓蒙効果は高いなぁ.しかも,雑誌の雰囲気からは到底考えられないくらい,記事のレベルが高かった.

“大野事件”この裁判に何の意味があるのか 女性自身
『女性自身』を買いましょう!
[PR]
by E_physician | 2008-06-12 20:53 | 医学・医療一般

なぜ日本人(の女の子)は赤毛のアンが好きなのか

「赤毛のアン」出版100年でブーム 本やツアー

中学校の英語の教科書に一節が出てきたような気がするが,それだけ.実はちゃんと読んだことがない.嫌いだった女の子が「私の愛読書は『赤毛のアン』です」って読書感想文を読んだから,っつーのも大きく影響している...はず.

後年 映画化されたのを見て,ふーん,こんな話だったのかーって感じ.読む気にはならず,というか,よかった,読まなくて,に近いかも.

んでもって,夏になるとプリンスエドワード島が日本人の女の子だらけになるってのも有名な話.現地の人は「なぜ日本人の女の子はそんなに赤毛のアンが好きなの?」と不思議がるらしい.

小説や映画の舞台を訪れたがるのは,どうも日本人(だけ?)の習性のようで,スイス(だっけ?)には日本人観光客のためのパトラッシュの像があるらしい.以前BBCニュースで,ブロンテの「嵐が丘」の舞台を訪れる日本人女性が多い(大挙してって意味じゃないけど)というのが扱われてて,だってただの原っぱなのに,不思議だねー,ってノリの内容だった(実際,映像からしても,ただの原っぱだった).

青池保子のスパイマンガ「エロイカより愛を込めて」(このタイトル,知らない人に言うの,恥ずかしいんだよなー)の主人公はエーベルバッハ少佐という名で,これがドイツの小都市名だったもんで,そこを訪れる日本人が後を絶たず,当初は何故こんなところに日本人の若者がたくさんやってくるのか不思議でしようがなかったらしい.で,事情がわかって,町の人達はたいそう喜んで,市の観光・PRに寄与したとのことで,作者の青池さんにはエーベルバッハ市名誉賞が授与されたという.

プリンスエドワード島には食指が動かないが,エーベルバッハ市には行ってみたいような…(隠れファン).
[PR]
by E_physician | 2008-06-09 01:21 | その他