<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

祝!無罪判決

福島県立大野病院 冤罪事件

無罪判決
おめでとうございます!

遺族=被害者ならば,救急医療は成り立たない.

このようなことが起きるたびに,医療的に真っ当な判断はどうなのかを遺族に説明してくれる人が誰かいなかったのか,と思う.
「ミスがないならなぜ死んだのか」? 実際,(超)高齢者が入院すると「人間にはいつか必ず寿命が来ます.それは入院してても同じです.人はいつか必ず死ぬのです」という話から始める自分がいるのだが,人間はいつか必ず死ぬ,という至極当たり前のことを,なぜ病院で説明しないといけないのだろうと悲しくなる.ほとんどの人が亡くなる理由は病気・ケガであり,医療事故・過誤であることはむしろ少ないことなのに.
[PR]
by e_physician | 2008-08-20 16:54 | 医学・医療一般

日本の医療は安すぎる

日本の「食」は安すぎる―「無添加」で「日持ちする弁当」はあり得ない
d0023240_23114954.jpg


「食」を「医療」に読み替えると,あまりにも相似した内容に愕然とした.以下 タイトルのごく一部をピックアップしてみたが...

消費者はもはや「弱者」ではない!
監視強化は消費者の利益にならない
「本物」に必要な適正価格
安く買うならリスクを承知の上で
安さのしわ寄せは人の身体に
自分にとっての「安全のレベル」
安全に対するコストは誰が払うのか


・・・「食」に関する本であることを忘れてしまいそうだ.「無添加」で「日持ちする弁当」はあり得ない  そう,「リスクゼロ」で「完璧な医療」はあり得ないのである.


さらに,転載:

1999年制定「食料・農業・農村基本法」
第12条 消費者は,食料,農業及び農村に関する理解を深め,食料の消費生活の向上に積極的な役割を果たすものとする.


消費者→患者,食料・・・→医療 と置き換えると...あら素敵.

この本の締めくくりは,

現在の日本の「食」は安すぎる.
そのために歪みが生じた日本の「食」を正しい方向へ導けるのは,消費者であるあなたたちなのだ.

[PR]
by e_physician | 2008-08-20 00:10 | 医学・医療一般

熱中症対策

その名もズバリ,熱中対策水!

d0023240_2352767.jpg


スポーツ中の,汗だくの時に飲んでみた.

体が欲しているものは美味しく感じると言うが・・・マズい.超ーまずい.吐きそうに不味い.中途半端に薄い塩水って感じ.もっとしょっぱい方がまだ飲みやすいような気がする.

「個別評価型病者用食品」なる分類の,OS-1っつーのもあるが(高い),熱中症になる前の段階なら,フツーの,スポーツ飲料で充分そう.次回はポ○リかア○○○アス持参だ!
[PR]
by e_physician | 2008-08-18 23:15 | 救急