<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

臨床研修制度の意義

現行の臨床研修制度については,賛否両論(賛<<<否?)というか,医療崩壊の元凶にされたり,ええい,もう半分の1年にしちゃえー,なんて意見まで出たり.

私は,意義がなくはないと考えている.

もちろん,厚労省が考えているような“総合医(?)”に,わずか1-2年でなるのは無理だ.
臨床研修制度の意義は,産科や麻酔科をローテすれば,お産を扱えるようになったり,手術の麻酔を一人でかけられるようになる,というものではない(←厚労省って,本当にこーゆー“総合医(?)”を想定しとるんだろーか?).そうじゃなくて,例えば,病棟の患者が急変した時に,ばっちり挿管できなくても,とりあえずバギングで粘って(でもバギングって本当は難しいんだけど;実は苦手)上級医を呼ぶ,とか,何科であっても担当の女性患者が腹痛を訴えたら妊娠を常に疑う,とか...まー何でもいいんだけど,ローテしたすべての科の業務を立派にこなすのではなく,あー何となくこれってやばいな,とか,これは専門医じゃないとどーしよーもない,とか,そーいや○○とかいう小児疾患あったな,とか,引き出しを増やす程度のものだと思うんだよね.ま,その程度,だけどその程度でも実は重要だったりして.


だいぶ前に,精神科入院中の患者さんが手首を切っちゃったんで処置お願いします,ってcall受けて,病棟にヘルプに向かったことがある.病棟に向かいながら,きっと周囲 血だらけで,なーんにもないんだろーなー(ラインも入ってなくて,モニタもついてなくて)と想像しつつ病棟へ行ったらば!
創部は圧迫止血されてて!きちんとモニターがついてて!ライン確保してあって!しかも乳酸リンゲル液が全開で落とされてて!ついでに採血もしときましたって!あなた本当に精神科医?って状況だったのだ.
マッチング導入後の世代の,若手の精神科Drだった.
これが中高年の精神科医だったら,普通は私の当初の想像通りである.

念のため言っておくが,中高年の精神科医を中傷しているのではない.従来のストレート研修では,それが当然の環境だったし,そういうバックグラウンドであれば,それは無理もないことでもある.自分だって,救急やってなくて,どこ科のストレート研修を選んでいたら,きっと何もできないはずなんだから.

いや,上記の若手のDrみたいに完璧(いやー,本当に完璧だよ.あとは縫うだけだもん)じゃなくてもいいんである.初期の2年間の研修で習ったことなんて,知識も技術も使わなければすぐ忘れてしまうのが人間の性である.でも,えーっと研修医当直御法度に確か書いてあったよな,とか,いや本日の治療指針かな,とか何か読んだり調べたりしてようやく思い出すくらいでも,それすら思いつかなくて頭真っ白パニック!よりは全然マシだから.

私が皮膚科研修で学んだことは,非専門医は安易にステロイド外用剤を処方すべきでないってことくらいだし(←かなり誇張表現).


ある研究会で,米国人医師が,日本でこのような研修制度が導入されて,定着するまで混乱が起きるのは当然だ,と言っていた.アメリカの医学生の最後の2年分が日本では初期研修2年間に相当するのだと.アメリカでは高校卒業してから8年かかるから,日本の医学部6年+初期研修2年=8年で同じレベル,と考えると,まぁそんなものか,と.アメリカの医学生のいわゆる“ポリクリ”では,日本の初期研修医並に患者を診察したり,処置をやったりしてることを考えるとね.
じゃあ,日本の医学生のポリクリをそのまま初期研修レベルの内容にしちゃえば,6年でひよこ医師の出来上がり!ってアイデアもあるが,そうは言っても,日本の患者が医学生による診察や処置に(指導監督下とは言え)納得するかっつーと...「研修医は嫌だ」とかいう人も珍しくないのに.



というわけで,「山椒は小粒でもぴりりと辛い」. ...ちょっと違うな.

注:週末勤務で疲労がたまってて,まとまりのない文章になっております.
[PR]
by e_physician | 2008-12-22 01:10 | 医学・医療一般

育ちが悪くてどーも...

緒形拳見たさに観ている「風のガーデン」.
どうにも違和感あるのは,家族内敬語.親-子,祖父-孫が「です・ます」調で話すのだ.

同じ倉本聰の代表作「北の国から」でもそうだったんだよなぁ.

そりゃね,「父上様」「お母様」とか呼ぶような,やんごとなき世界の方々の話だったらわかるんだけど,一応 普通の生活レベルの家庭のお話しでしょ.何らかの効果を狙った演出なのかな?


丸いケーキをカットしたら,どのピースを獲るか(わずかな差なのにねー),ジャンケンで争うような,野蛮な家庭に育った私には,理解の範疇を超える演出だ.
[PR]
by e_physician | 2008-12-12 22:14 | その他

「先生」

このところhotなKY氏の
 しかし、医師は国家試験に通ればすぐに「先生」と呼ばれ、いきなり一定のステータスを獲得する。(以下略)
「先生」なんて,「おまわりさーん」と同程度のノリにしか聞こえないから,いい気になるなんてことは全然ないんだけど,ただ「先生」っつー呼称がなくなるのは困る.とっても困る.なぜなら...

話しかけようとする医師の名前が思い出せない時,とりあえず「先生」って呼んどきゃいいから.英語で言うと"Hey, you!"である(ウソ).

そして名札をチラ見して,(あぁ,ヤマダ先生だった)とか思い出すっていうのが私の常.
[PR]
by e_physician | 2008-12-07 21:16 | 医学・医療一般