<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

まいこー

d0023240_23561714.jpg


Valium(ジアゼパム)
Ativan(ロラゼパム)
Versed(ミダゾラム)

ivなのか,内服なのか不明な部分もあるが,いろいろてんこ盛り.これに最後のプロポフォールがトドメをさしたんだなぁ,きっと.
プロポフォール打って10分後 トイレに2分行って,戻ったら呼吸停止していた,と医師は証言しているとか.いまいち納得いかない時間経過だが.
[PR]
by e_physician | 2009-08-27 00:11 | 医学・医療一般

ヒップハング

ちょっとワルな中高生が,ゆるゆるでずり落ちそうな感じでズボンをはくのは,日本の(田舎の?)特徴だと思っていたら,アメリカでもそうだった.

EXIT アメリカ更正学校の10週間

姿勢によっては,パンツ丸出し(2枚目と3枚目).
d0023240_22362738.jpg
d0023240_22363992.jpg
d0023240_22364781.jpg


自分が中高生だった頃,「何であんな履き方するのかなぁ.足が短く見えるのに」と友達に言ったら,「足が短く見えるのはズボンのせいであって,本当は足が短いわけじゃないって思わせるためよ」...真偽のほどは定かではない.
[PR]
by e_physician | 2009-08-23 22:47 | その他

マイブーム[古語]

d0023240_20355584.jpg


d0023240_20362630.jpg


d0023240_2036368.jpg



↓これは世間の一部でブーム.確かにラムネっぽい.
d0023240_1735035.jpg

[PR]
by E_physician | 2009-08-19 20:39 | その他

実写版“たらい回し”

『救命病棟24時』初回視聴率は20.3% 今期連ドラ初の“20%超え”果たす

幸か不幸か高視聴率だったようで,へぇーこれがいわゆるたらい回しかぁ,と視聴者に強い(誤った)印象を与えてくれたオープニング.
これって演出だから,ってのを承知で一般の方が試聴してくれることを祈りたくなる,ツッコミどころが満載で,目が離せない.

臨月の妊婦が肺塞栓でCPAになり,天才外科医兼救急医の進藤が救急外来で!心マしながら(CPAなのに,“フェンタ・ミダゾラム・マスキュラ用意”?)緊急カイザー!&肺動脈切開!して血栓除去,最終的に母子とも何の後遺症もなし.めでたしめでたし...
コードブルーに引き続き,院外での穿頭血腫除去術! コードブルーでは工事用のドリル,今回は何を使ったのかは明らかにされなかったが,救急車に搭載されている物品でどうやって穿頭術やるんだ?? 

業界モノって,結局 その業界の人が爆笑するように作られるんだなぁ.

そういう意味で,今回も見逃せない番組となりそうだ.


ところで,医療モノで必ず出てくる心マは,全然心マになってない.これは当然で,胸が1/3沈むくらい圧迫しないと意味がなく,生きた俳優相手にやると危険だから.従って,痩せた人,特に高齢者に心マすると,肋骨がバキバキ折れるのは日常茶飯事.だから,へー押尾ってやつ,ちゃんと心マやったんだーと医師なら思う事象も,例によってろくに調べもしないマスゴミの例で,こんなタイトル↓.愚の骨頂.

押尾学容疑者、心臓マッサージで死亡女性の肋骨折れた!?

記事引用
[PR]
by E_physician | 2009-08-13 00:03 | 救急

cynical remarks

ナイチンゲールの毒舌   - NATROMの日記

看護師には耳の痛い指摘だらけ.とは言え,そうした理想的な看護を行える人員配置・職場環境でないというのも事実.電子カルテ化で(バイタル等が自動的に入力されるような,最先端のシステムが導入されているところでは事情が異なるかもしれないが)入力作業が繁雑で,結局 ベッドサイドにいる時間が短くなっている,というのも,そこかしこで見られる光景.


本当は、研修医には「家に帰って明日のために寝ろ。ただし、カルテには当直医が困らないだけの記載を行い、家族にも十分に説明しておけ」と指導できるのが理想なのに。
主治医制ってのは,実は楽な面もある.ろくにカルテを書かなくても済んでしまうのだ.どうせどんな(ささいな)ことでも24時間 自分にcallがあるのなら,日々 適切なカルテ記載をするincentiveも働かないけれども.

交代性勤務の場合,患者の入院理由,現在の問題点,今日の状態・行なった処置・治療,今後の方針 くらいは最低限網羅したカルテ記載(他者が読むことを前提としたカルテ記載)と適切な申し送りが求められる.
救急っていうと,とかく「帰宅するのは月に数回の疲れ切った救急医」のイメージが強いが(某私大の高度救命救急センターを扱ったドキュメントが典型),そういう,病院に連日泊まり込み状態の医師のカルテ記載は乏しいはずだ(あくまでも勝手な想像).そこにあるのは「この患者は自分しか診れない」という思いこみ(思い上がり?)であり,適切にカルテ記載をしたり,他の医師に患者の状態を適切に申し送ったり,人に仕事を任せたりする能力が欠如していることの現れである.

一般社会では,仕事を抱え込んで部下・同僚に仕事を任せられない人ってのはマイナスの評価であるが,医療界では「責任感の強い」プラスのイメージが未だにはびこっている.医師自身がその状態に甘んじてきたとはいえ...
重症患者のために連夜の泊まりこみ、急患のため休日の予定の突然お取り消しなど日常茶飯事だ*2」などとのたまい、あるいはその言葉をありがたがるような状況は恥である。連夜の泊まりこみなどしなくてもよいシステムをつくるのがトップの仕事であろうに。150年遅れている。
御意.
[PR]
by e_physician | 2009-08-12 01:21 | 医学・医療一般

英語発音入門

甲南大学の作った 英語発音入門 - English Pronunciation Practice for Japanese Learners - がすごい.

すべての音を網羅しているわけではないが,英語/米語の母音・子音の微妙なとこをすごくわかりやすくオーディオビジュアルに解説してくれてる.

こーゆーのがネット上で,タダで利用できるんだな.現代は.
[PR]
by e_physician | 2009-08-08 02:00 | 語学...っていうか英語