<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

受験勉強に対する“免疫”

d0023240_024376.jpg


遅ればせながら読んでみた.割と簡単なものから,えー??なものまで.

一番 納得したのは,あとがき直前の「ちょっとひと息interview」.
 翻訳学校で教えていて,ひとつ感じることがあります.合格したかどうかはともかく,かつて大学受験などの大きな試験に向けて本格的に勉強した人とそうでない人のあいだには,翻訳学校にかよいはじめた後でもやっぱり明確な差が表われてくるんです.翻訳するには,単語だけではなくていろいろな背景も調べる必要があるわけですが,受験勉強をしっかりやった経験のある人は,「ここまでは調べなければいけない」という追求の度合いが深い.結果として,そうでない人との差がますます広がってしまうんですね.

 たとえば,ひとつの単語集を覚えるには,そうとうな労力が要ります.それこそ,忘れて覚えての繰り返し.でも,その過程で得たさまざまな蓄積というのは,何か新しいことをやろうとしたときに必ず生きてきます.なぜかというと,どういう作業が必要か,どれほど苦しいか,どれだけ時間がかかるか,そういったことを頭と体で知っているから.同時に,すでにひとつやり終えているので,どんなに大変であろうとも”やりきる自信”はあるわけです.労力に対する“免疫”や“耐性”と言ってもいいかもしれない.それともうひとつ,人間はいかに忘れやすい生き物であるか,いかに怠けやすい動物であるか,自分がいかに愚かであるかを,体験的に知っている.これは大きいですよ.謙虚な気持ちを忘れずに学習に取り組める,という意味でね.

 受験勉強に限らず,ある一定期間,何かについて徹底的に勉強した経験は,つぎに新しいことを学ぼうとするときに大きなアドバンテージになります.だからもし,これから英語をきちんと勉強しようと思われているかたがいるなら,それは英語を学ぶにとどまらない意味があるんだということを,ぜひ心に留めておいてほしいですね.

 
 ※♪‡◎コースとか,専門医試験とか,受験料がそれなりで,期日が決まっていて,落ちると恥ずかしい,といったものをあれこれ受けてきた経験を振り返ると,上記はまさにその通り.

 逆に,期限がない,落ちる/落ちないとかでない,そうしたものを日々こつこつと勉強していくのが,なかなか困難なんだよなぁ.そのうち読もう,は永遠に来ない.
[PR]
by e_physician | 2009-09-19 00:41 | 教育

モノのために家賃を払..ってしまっている

d0023240_230293.jpg


 当てはまることばかり.

 なぜモノが捨てられないのか,ってとこに付け加えると,「しまった,捨てちゃった!」という経験(複数回)によるフィードバックと,育ちが貧乏,ってのは絶対に大きいと思う.
[PR]
by e_physician | 2009-09-07 23:05 | その他