<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

絶妙なタイミング

気軽に本を買うと処分が面倒(美本でもブックオフでは小銭程度だし)なので,何度も読みたいと思う本以外は(ということは医学書以外は,ということになる)図書館で借りることにしている.

当然,最近出版された話題の本だとすごい数の予約が入ってて,村上春樹の新刊だと700人待ち!とか.

私はどうしても今すぐ読みたい!とかいうタイプではないので,気長に予約をして順番を待つ.すると忘れた頃に「ご予約の本が準備できました」というメールが届く.ただ,このメールが届いてから8日以内に借りに行かねばならず,勤務の都合でどうしても行けず,泣く泣くキャンセルしたことが1回あった.キャンセルすると,改めて予約を取り直さねばならず,予約待ちの最後尾になってしまう.
昨日 その,同じ本が,再び順番が回って来た.ところが...出張が重なって,やはり今回も借りに行けない(泣).


私が学生の頃に住んでいたとこの図書館は,例えばちょうど試験前に順番が回って来たりして「すみませーん,試験前なので,今回はキャンセルにします(泣).また予約の後ろに入れ直してください」と言うと,「あら,だったら,一番後ろじゃなくて,2-3人ほど後ろに入れ直してあげるわ.その頃だったら読めるでしょ」というご高配を頂いたものだったが...
当時は,予約申し込みも紙ベースで,手続きも手作業だったからできたことなんだろうけど.
システム化されると,そういうとこが気が利かなくて困る.つーか,システムでも,そういうオプションがあってもいーんじゃないかなぁ.いつも期限内に返却する人だけの特典,みたいにすると,返却もスムーズになっていいかも.
[PR]
by e_physician | 2009-10-19 01:36 | その他

例のドラマ

ギネ↑ か ギネ↓ かという別の視点でも各所で盛り上がっている.
ちょっと気付いただけでも,ツッコミどころ山盛り.

・いくら何でも病院内 全力疾走し過ぎ! 100m走じゃないんだから.

・病院に到着したのに,救急車内で産ませる,って...結局 出てこなくて初療室へ移動.「だったら最初から初療室でやれよ!」の救急医の一言は正しい.ただ,これ,救急医らを押しのけて出産させようとする紀香を患者から引き離すのも大事なんだが(体格的には救急医より紀香が勝ってるけど).母体が外傷負ってるのに,その処置を後回しにして出産優先て...「救命病棟24時」の影響かなぁ.

・貴重な入局者をあんな無愛想な指導医の下には普通つけないだろ.医局長アホ過ぎ.

・あんだけ無愛想だったのに,携帯で助けを求めると急に優しく指示し始めるのね.

・今時,割り箸にタオル巻いて口に突っ込む?それよりとっとと救急車呼ぼうよ.

・ターミナルの患者さんの死亡後「カテーテルを抜去するので補助してくれ」...医師一人で抜去できないカテーテルって何だ??

・血だらけの術衣・手袋はきちんとその手術室で脱いでから隣の手術室に行こうね

・若手の医師をドンと突き飛ばして心マ交替...“お前の心マはなってない!理想的な心マはこうだ!!”って感じか?(確かに紀香の方が体格はいいけど)

 ちなみに,医療ドラマでは欠かせないDCだが,あの場合,心疾患による不整脈としてのVfではなく,大量出血の断末魔としてのVfなので,まぁ,どうしてもかけたきゃDCやってもいいけどさぁ,あのシチュエーションだったら,DCかけた後の波形は,ふつーはasystoleのはず.まるで紀香の心マとDCが著効したような演出だったが,現実にはあり得ない!! あの状況では止血処置と並行して,とにかく人員フル稼働で大量輸血ポンピングでしょ.もちろん心マも必要だけどさ.どーせなら,白い巨塔みたいに「ボスミン5筒!」とか言ってくれたら,さらにツッコミどころが増したのになー.
[PR]
by e_physician | 2009-10-17 22:38 | 医学・医療一般

リサイクルにはパワーがいる

もったいなくて,捨てられなかった古着を古着専門のリサイクルショップに持ってった.段ボール3箱分.

最近の服は袖がほつれることも,穴が開くこともほとんどなく,「傷んだら捨てる」ということができない.ただ,もういい加減,コンパクトな生活にしようと,一念発起(「 モノのために家賃を払うな!」の影響大).

以前 引っ越したとき,山のような本をブックオフに持ってった時も,わずか数百円だったから,あまり期待はしてなかった.でも待ってる間に店頭に並んでいる商品(古着)を見ていたら,「私の服の方が,よっぽどマシなんだけど」てな感じの品揃えだったので,ちょっぴり期待していたのだが...

¥149...

段ボールに詰める労力・時間とガソリン代を考えると,気が抜ける買い取り価格だった.


古着ってのは,いわゆる高級ブランドのものか,ビンテージものじゃないとほとんど価値がないってのは知ってはいたし...
海外に(古着として売るために)送るにも,その国の服飾産業保護の立場から,古着の輸入には規制があったりして,販路開拓は結構大変だったりとかも...
で,結局ほとんどはウエス用なんだな.

とは言え,やっぱりまだ全然 着れる服をそのままゴミに出すのは辛いので,何かしらに利用できるならと,今後もここに持ってってしまうと思う.


肝に銘じた.
「一生 着る覚悟がなければ服を買うな」

...守れるかな.
[PR]
by e_physician | 2009-10-14 22:08 | その他

史上最悪の地球の歩き方


史上最悪の地球の歩き方


ナショナルジオグラフィックチャンネルのシリーズ.原題は,Banged Up Abroad.

つい金に目がくらんで,ヤクの運び屋をやろうとした若者,とかだと,まぁ自業自得感たっぷりなんだけど.

#5 「 バリ島10年の刑 (Busted In Bali) 」
 1985 年、オーストラリア人のクリスは、妻と娘とともにバリへと向かった。楽しい休暇になるはずだった。しかし彼は、麻薬を持ち込んだという疑いをかけられ、終身刑を言い渡されてしまったのだ。番組は、11年近くを刑務所で過すことになったクリスの体験を、ドラマチックに再現した。

d0023240_3231169.jpg

 このエピソードは,本人には非はまったくなくて,まさにとんだ災難である(古美術の密輸やってる友人がいることと,警官の賄賂の要求をつっぱねたことが唯一の問題点?か).

 1985年 ネパールのカトマンズで乗馬学校を経営していたクリスは妻子と友人ドギーとともに,バリ島を訪れる.すると夜中にいきなり警察が踏み込んできて,拘束される.これが証拠だ!とばかりに大麻樹脂の詰まった仏像が出てくるが,クリスはまったく身に覚えがない.友人ドギーは大麻常習者だが,2人一緒に逮捕され,ドギーの仕業でもなさそうで,どうやら現地警察にハメられたよう.ドギーは先に釈放されるのだが,クリスは警察幹部の賄賂の要求を突っぱねたせいか,裁判に.精神異常を装って,精神病院に入れられるも,悪友ドギーの脱出の誘いに乗り失敗して刑務所へ.ここでも他の受刑者らとともに脱獄を試みるが失敗.刑務所で半殺しの目に遭うも,何とかsurviveして,本国家族・友人らの支援により終身刑だったところ,1996年に釈放となる.

 番組は,「アンビリバボー」風で,本人(に扮した役者)の語りと再現映像でまとめられいる.この再現映像がまた,アンビリバボーみたいな安っぽさがなく,結構シリアスな演技で,極悪な刑務所の中のシーンなんかが,リアル過ぎて痛々しい.

 このクリスのエピソードの中で,刑務所でリンチにあい,全身をナイフで刺されまくり,病院へ運ばれたが,死亡宣告され,死亡診断書も書かれ,死体安置室で死後処置を施されていたところ,うめき声があり「キャー!この人 生きてるー!」となって,一命を取り留めたのだそうだ.外傷は,左眼失明・脾臓摘出・胆嚢裂傷?・腸管損傷等々,腹には大きな術創が残った...んだが,それって外傷性ショックだよなー,死亡宣告受けるくらいに意識もなくて脈も触れないくらいの状態で放置された人が,その後の加療でfull recoveryって,ありか?
 まぁ,「本人の回想をもとにしている」そうなので,ディテールは微妙だが...

d0023240_244307.jpg
↑これがどうやら本人のよう.


 こういうの観ると,つくづく,日本の刑務所って立派過ぎると思う(入ったことないけど).
[PR]
by e_physician | 2009-10-10 03:29 | 旅行

イグノーベルではなく?

ノーベル平和賞:今年の賞はオバマ米大統領に授与

Bushをホワイトハウスから追い出した功績に対してかと...
[PR]
by e_physician | 2009-10-10 02:45 | その他