<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ローテク

もう指先に油はつかない、ながら食べ支援ツール「ポテチの手」
d0023240_20381912.jpg


 ずっと前から箸で食べてたけど...
[PR]
by e_physician | 2010-01-22 20:38 | その他

私服だったら清潔か?

「脱・白衣」広がる 子の緊張和らげ、清潔な服で診察

>  「いけだこどもクリニック」(堺市北区)の池田和茂院長(47)が2006年10月の開業以来、「脱・白衣」路線を貫いてきた理由の一つは意外にも「衛生上の問題」だ。約20年間の病院勤務時代、週に2回程度しか白衣をクリーニングしてもらえず、衛生面で疑問に思ってきた。

 そ,それは,その病院の衛生管理の問題かと.週に2回(2枚じゃないよね)のクリーニングなら,5-6枚の白衣があれば毎日着替えることも可能では? 大抵の病院は,勤務に際し白衣の1-2枚(/年)支給されたり,貸与されるから,病院をいくつか経ると,手持ちの白衣が10枚近くになることも珍しくない.

> 「今は私服だから毎日洗濯し、清潔な服で診察出来る」

 私服でも,シャツはともかく,セーターやズボンは毎日洗濯しないのでは?
 それに,はい,お口あーんしてー,で,ゲロ吐かれちゃった日にゃあ...嘔吐下痢症だと感染力が非常に強いわけだが,私服だから自宅の洗濯機で洗うんだろうか?

> 医師、看護師だけでなく事務職も含め約100人の職員全員が、おそろいの半袖シャツとカーディガン、ユニクロのチノパン姿だ。

 さて,そのカーディガンとチノパンの洗濯頻度はいかに.

> 「医師は医師同士、看護師は看護師同士で固まりがちだったが、より良い医療を目指すという目的は同じ。同じユニホームにすることでチーム意識を高めたかった」

 ユニホームが別でも,チーム意識を高めることは可能なはず.このあたり,夫婦別姓議論と似てるな(同じ姓でないと,家族としての一体感がない,とか).

> ただ現在、実際に白衣を毎日洗濯する医師は少なく、私服の上に着る「作業着」的存在になりがち。

 だからー,作業着なんだってば.


しかし,何でこの記事 「医者」って言葉で始めるんだろうなぁ.
記者についての記事も「ブン屋」で始めてOKだな.

記事引用
[PR]
by e_physician | 2010-01-07 21:42 | 医学・医療一般

消費者甘やかし文化

元旦に近所のスーパーがどこも閉まっていて,ちょっと困ったけど,ホッとした部分もある.

子供の頃は(どれだけ前かは触れない),デパートの初売りって,2日からだった.元旦はほとんどすべての店が閉まっていて,元旦は街中は静かなものだった.それがいつの頃からか,初売りが元旦に前倒しになり,もう文字通り年中無休の店がやたらと増えた.
もちろん,店員さんは交替で代休取ってるんだろうし,休日・祝祭日にも営業することで利益が上がるということもあるだろう.しかし...

海外に行くと,日本人はかなり土日祝日コンシャスにならないと,相当困る.デパートは休日は休みだったり,閉店時間が早かったりするし,レンタカー会社が週末休みだったりする.もー!何で閉まってんだよー,と愚痴りつつ,考えてみれば,休日はみんな休むのが,一般的には世界の常識なんだよなー,と.

元旦も営業の年中無休は,利益を上げるというよりは,結果として消費者を甘やかす元凶になってるんではないかと...年末年始 軽症患者でごった返った救急外来で勤務していてそう思った.
だいたい年末までが最繁忙期で(“今年の風邪は今年の内に”?),元旦は,さすがに正月早々病院はなー,て感じでトラフになって,2日からどっと混む(“仕事始めになると病院行けないし...”).

そういや,近所の年中無休のファミレスも,2日の15時頃 前を通りかかったら,駐車場がほぼ満車の大盛況だった(いつもの週末より明らかに盛況).


ま,そんなこんなで,例によって年末年始もよく働きました.餅とか,発熱とか,餅とか.

明けましておめでとうございます.
[PR]
by e_physician | 2010-01-04 02:59 | 医学・医療一般