<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

冷房不調時の対応の違い

先日 行きつけの美容院に,前日に予約をしてから行った.すると,「今日 冷房の調子が悪くて,ちょっと暑いかもしれません.扇風機を置いて対処してますが...暑い時はカバーを一時 開けたりしますので...」
「(?!)...」
この日はまだ猛暑日で,冷房がなければとても過ごせないくらいの暑さであった.それに,ガラス張りの美容院には窓がなく,入り口のドアを開け放しても風もろくに入らない構造だ(風もほとんどなかったが).
腹立たしかったのは,もう3年以上も行きつけで,私の電話番号も控えてあるはずなのに,なぜ事前に一報くれなかったのか,ということだ.扇風機がすでに回されているってことは,つい今しがた不調になったわけではあるまい.来院してその場で告げるのはフェアではないだろう.それに上記の表現だと,「善処してるから許してね」と聞こえてしまう.正直「えー?!じゃあ帰るよ」と言いたいくらいだったのだが.せめて「他の日時に変更なさいますか?」くらい言えないものか.
実に腹立たしかったのだが,多忙でこの日を逃すとしばらく来れそうになく,伸びた髪が鬱陶しかったので,やむなし,だった.
しかし,扇風機回そうが何しようが,猛暑日である.暑くてたまらない.シャンプーは「水で洗って!」.シャンプーはアシスタントの仕事なので,例によって「お湯はお熱くございませんかー?」の代わりに「冷た過ぎませんかぁー?」...


で,日は変わって,私の大好きなスープストック東京,である.
某店に入った(この日も猛暑日).「店内で(の食事)」,と答えると「あいにく冷房の調子が悪くなっておりまして...もし涼みに来られたのであれば,場所により暑いところがあるかもしれませんが...」と.注文前にこれを言ってくれたので,「じゃあやめとく」ともいいやすかった(そもそも予約じゃないし).そう言ってきびすを返しても「申し訳ありません.またお越しくださいませ」といった言葉が店員の口からサラッと出てきたのではないだろうか.
でも,この誠実さが,私を引き留めた.
店内は,涼しいとまでは言い難いが,暑いというほどではなく,カレーとスープのセットで,スープは冷たいスープを頼んだ私は,さほど汗をかくこともなく,まずまず快適に過ごせたのだった.

スープストック東京は海外に進出しても絶対に成功する,と言われている.激しく同意だ.
[PR]
by E_physician | 2010-09-21 21:27 | その他