<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ちょっとお時間よろしいですか?

警戒心が強すぎるのか,やたらと丁寧に話しかけられると身構えてしまう.「決して怪しい者ではありません」という人ほど怪しかったりして.

大都市の中心部にて.若い女性が左手に何か紙,右手にペンを持った状態で「ちょっとお時間よろしいですか?」ときた.
また宗教勧誘のアンケートか,と思うと同時に,連れが「ダメに決まっとろうが」と言ったのだが,幸い彼女の耳には入らなかったようで,「○○ビルはどっちですか?」と….道を聞いてただけだった.

少し舌っ足らずだったから,中国・台湾からの留学生なのか,そういえばスーツだったから就活なのかも.左手に紙,だったのは,どうも会場までの案内図だったよう.

連れが「あぁ,それなら…」と教えてあげると,お礼を言って足早にその方向へ歩いて行った.

彼女の日本語は正しい.とても丁寧でもある.その点では素晴らしい.でも,状況的には誤解を招く.
願わくば,彼女が道を聞いたのが,当方が最初だったのを願う.何人にも話しかけて無視し続けられていたのではないことを.だって,危うく無視して立ち去りかけたから.

これって,海外のJapan Shopなんかで売ってる,あまり上手でない筆文字で書かれた「お母さん,愛してます("Mom, I love you.")」というメッセージカードに似てる.日本語は正しい,文法的にも.でもこれ,日本人は絶対に言わない,みたいな.
[PR]
by E_physician | 2014-10-09 22:05 | その他

The Lazarus effect

LAW & ORDER:性犯罪特捜班(Law & Order: Special Victims Unit)
シーズン15 第20話「ルイスの執着」(Beast's Obsession)

ベンソン刑事に執着するルイスは,脱獄に成功して…というストーリー.


Dr. "His heart stopped. We did CPR for about 15 minutes. I pronounced him dead. 2 minutes later he auto-resuscitated. We call the The Lazarus effect."

Det. Amaro "He did have a heart attack, though?"

Dr. "That's what we thought at first, but then I got the toxicology back...the guy should still be dead, like 3g of propranolol in his system..."


ラザロ効果(Lazarus syndrome)は,非常に稀な,CPR中止後の心拍再開現象らしい.脳死で稀に見られるラザロ徴候(Lazarus sign, Lazarus phenomenon)とは別物.混同するなってのが無理な話だが.

何十例かの症例報告があるようだから,あり得なくはない.ただ,非常に稀である.
問題はこのドラマ内でのsituation.どうも計画的らしいっていうのが….

急変に先立って,彼をサポートする女性(彼の裁判の陪審員長で,裁判中に彼を崇拝するようになったらしい)手作りの,差し入れのクッキーにβブロッカーがたっぷり入ったクリームが塗られていて(あがり症の彼女に処方されているものを彼が指示して入れさせたようだ),βブロッカー過剰摂取によるCPAという状況.血中濃度が異常高値なので,およそ蘇生しそうにないのだが…,ってのが上記医師のセリフにもある.

CPAを意図的に引き起こすのはまぁいいとして,このまれな現象を計画的に引き起こし,まれな確率で蘇生し,翌朝までには何事もなく行動し(看護師をレイプし,医療関係者に偽装して病院を悠々と脱出し),子供を誘拐してベンソン刑事をおびき出す….


以前にも書いたが,医療ドラマではないし,その辺はいい加減なんだとしても,何かここまで来るとファンタジーな感じ.
[PR]
by E_physician | 2014-10-09 18:00 | 医学・医療一般