<   2015年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

灯台もと暗し

チビた鉛筆をつなぐための鉛筆削り,TSUNAGO.3月頃からネットで見つけて,ほしいなぁと思っていたが,ネット販売は〆切りで,東急ハンズでしか売ってないとのこと.
なかなかハンズに行く機会もなく,そうこうしているうちにテレビや何やで紹介され,より一層品切れ状態になったと知って,もう年単位で待たないとダメかなぁとあきらめかけていた.
今日たまたま寄った本屋(文具も売ってるチェーン店)に置かれているのを発見!即買い.

帰宅して,早速…と思ったら,チビた鉛筆がないことに気が付いた.全部 長め.そう言えば,国家試験とか,資格試験の類からはしばらく遠ざかっていることに気が付いた.

この,TSUNAGOの話を以前 友人にしたところ,「今どき鉛筆,使う?」

う~ん.確かに.

でも,せっかくあるので,がんばって使おう.



[PR]
by E_physician | 2015-09-27 23:08 | その他

ダスキン…したい

以前から,もの自体は良いと思っていたので,使いたいんだけどなぁ.毎月オバチャン(いや,オバチャンというのは問題ではない)が現金回収しにきて交換って,今どきどれだけ人件費かけてるんだ?っていうのと,毎月同じ曜日なら必ずいるわけではないので,いちいちリスケが面倒なので,断念していた.

レンタルDVDのように,カード決済,毎月郵送/メール便で送って,返却も同様に郵送/メール便か,コンビニに回収ボックスを置いてもらう,とかしたら,絶対 利用者増えると思うんだがなぁ.
少なくともこういうシステムになったら,私は速攻で申し込むよ!ダスキンさん,がんばって!

…と思っていたら,下記の記事を発見.

ダスキンは、「ミスド」をどう立て直すのか

インターネット注文で交換用のモップやマットが郵送されるサービスを導入すると…」とか「クレジットカード決済の導入にも…」とあったので,ついに!と喜び勇んで(でもない.ダスキンのwebsiteを見ると,イマイチ明確には書いてないから)コールセンターに電話してみたが,全国で対応しているわけではないと.さらに,簡単に住所を言っただけでは,対応地域かどうかわからず,仮申し込みみたいな感じで,オペレーターに電話番号やら住所やら細かく伝えて入力してもらって始めて対応可能なエリアかどうかわかる,という何ともはや.結果さんざんあれこれ聞かれたあげく,「対応不可エリア」.都会ならOK,田舎は不可,のように必ずしも単純ではなく,そのエリアをカバーしている代理店次第のようである.

実家はド田舎だったから,ダスキンの人が来る日には,玄関先の箱に使い古したやつと数百円(その当時)を入れておくと,新しいのが入っている,というのどかな状態だったが,物騒な昨今はこんなことできないし.ましてやオートロックのマンションでは….

ダスキンさん,がんばって!




[PR]
by E_physician | 2015-09-23 20:46 | その他

電子化しない方がいいものもある



近くのデパートで,○千円以上お買い上げのお客様に抽選会…というのがある.
昔のような,ガラポン抽選器ではなく,タブレット端末にそれらしき絵が描いてあって,指で回すとそれっぽい音とともに,赤だの白だのの玉のアニメが表示されるのだが,どうにもうさんくさい.そもそも本当に一等賞品とか当たるのか?っていぶかしく思ってしまう.
もちろん,ガラポン抽選器だって中が見えないから,すべてハズレ玉って可能性もないわけではないけれど.何となくこっちの方がハズレても許せる気になるのはなぜなのか?
[PR]
by E_physician | 2015-09-17 09:59 | その他

好きになってしまった香水を求めて

だいぶ前に,もらい物だけど,と使いかけの香水をもらった.

もともとあまり香水が好きでなく(いわゆる香水プンプンの人の"香害"がトラウマになっている)ほとんど使っていなかったが,あるきっかけで身に着けるようになり,使い始めるとどうにもその香りが好きになってしまった.
ブランド名(有名なものではない,初耳)の記載があったので,いつでもネットで買えると思っていたら,どうも…同じものは見つからない.扱っているショップに電話で問い合わせたところ,恐らく廃番では?と言われつつ,新しい製品で近い香りのものがないかと一縷の望みで,上京した際にショップを訪れてみたが,やはりダメだった.新製品はそもそも路線自体が異なり,まるで違う香りだった.

しょうがないので,そのショップが入っていた百貨店1階の香水売り場(各ブランドごとでなく,香水を1ヶ所にまとめて売っている)に行き,店員に「あなたはフツーの,売っているだけの店員ですか? ワインでいうソムリエみたいな人ですか?」と聞くと(よく考えると,失礼な質問だなぁ),「それならあちらの店員が…」ってことで別の店員が対応してくれた.

私が持参した香水のキャップを開けて,ちょっと嗅いだだけで,「最も近いものだったらこれらでしょうか」と3つほどピックアップしてくれた.テスターをムエットにシュッと吹き付けて…の手さばき,コーヒー豆が出てくるあたり,あぁ,香りのソムリエだ!と感動.それでも,あくまでも“近い”だけで,同じではないのだが,さんざん嗅ぎまくって最も近いと思われた香水を購入.
d0023240_15354806.jpg
正直 このボトルのデザインは…ボトルを理由に購入断念したいくらいだったのだが…(ネット上ではかわいいと評判らしい.名前がDAISYだから,しょうがないか).


かなり近い香りだし,悪くはないのだけど,でもやっぱり,お気に入りの香水とは違う.何とか複製(?)してくれるところはないかと,ネットサーチしまくったのだが,なかなか適切なところは見つからず,その辺の事情をよーく説明してくれていたのが以下のサイト:

廃盤(生産製造中止)になった香水の復刻

日々 さぞや多数の問い合わせがあるんだろうなぁ.

上記記事を読んで,あきらめる決心がついた.残りあと数滴…(涙).


記事引用
[PR]
by E_physician | 2015-09-01 05:41 | その他