人気ブログランキング | 話題のタグを見る

マンション買い替え①

訳あって,マンション買い替えをする羽目になってしまった.

これはまぁ,忘備録.いや,さすがにもう二度と買い替えはしないけど,マンション購入の失敗例として,誰かの参考になればという思いで書いておく.

医師はあちこち異動する,というか,"手に職"系なので,比較的どこにでも勤め先を見つけやすいという特徴がある.なので,嫌になったら辞めればいい,という安易でもあり,しかし良い意味で逃げ道があることにもなり,燃え尽き防止になっているんのはいいことだ.ただ,根無し草というか,定住場所を決めにくいという難点がある.
それと,生まれがビンボーなので,住宅ローンという巨額のローン組むのが怖い,とか,欠陥マンションだったらどうしよう,とか,ビビってずっと賃貸だった(借り上げ/住宅補助があるとこを渡り歩いてきたけども).

最初のマンション購入のきっかけは,ほとほと引っ越しに疲れた,ってのが大きい.何度も引っ越すたびに,業者に言われるのは,「荷物多いですね」 それと,いくら信頼できる(かもしれない)業者でも,物が傷む可能性は常にある訳で,見積もりに来る営業マンと,実際に作業する人は別(大手でもバイトが多い)だから,見てて「もっと丁寧にやってくれよ」と思うことはしばしば.
当地に移り住んで,都会過ぎず田舎すぎずほどほどで,交通の便も悪くなく,何が出色というわけではないが,住むのに利便性は悪くないなぁと思っていた矢先,勤務先のメールボックスに,駅前マンションのパンフレットが入っていたので,とりあえず見に行ってみるか,とモデルルームを見に行った.
大手業者の,15階建てくらいの物件.ただ,売れ残りの最後のひと押しのパンフだったようで,残り2室は低層階,眺望悲しく,まったく魅力的ではなかったので,ここは断念.

マンション買うのが怖かったもうひとつの理由は,青田買い.まだ建ってもいないのに,なんでそんな何千万もするような契約をみんなできるのかと不思議に思っていた.友人(非医師)は東京の一等地で離婚後に独力でマンション買ってたんだけど,えーそれって年収の何倍???みたいなレベルで,70までローン払うのよーとか言ってて,マジか?と思ったけど,マンション相場,買った時と変わらないらしく,そういう意味では大当たりだったんだね,よかったね,だけども.

# by E_physician | 2020-09-02 18:13 | 住まい

コメント・トラックバックとも承認制としました.

ほとんど独り言に近いblogなんですが,H系のTBだけはやたらと多くて,削除するのが大変になってきたので,コメント・トラバともに承認制にしました.
毎日ログをアップするわけではないので,従って毎日アクセスもしてないので,承認までに日数を要します.ご了承ください.

# by e_physician | 2019-12-31 23:59 | ネット

学歴ロンダリング

近隣に,クリニックがオープンするというのをタウン誌で知り,比較的近かったので興味を持った.HPを覗いてみたら,院長"略歴"ってのがあって,いわゆる有名どころの病院名がいくつか並んでたのだけど,出身大学とか,初期研修をどこで受けたかとかはわかんないし,記載されてる病院も,どのくらいの期間 勤めてたのかまるでわからない.
出身大学を書かないってことは,コンプレックスの現れだろうなーと思ってググったら"予想通り",私立医大出身だった.隠すことで却って,コンプレックスが露呈するのに."予想通り"とは,だって旧帝大系だったら,絶対 載せるだろ,と思うから.
好奇心で内覧会に行って,院長がいたので,略さない歴を記載する予定はないのかと聞いてみたら「略さないとなると,生い立ちとかからになりますが…」…いや,そういう意味じゃないんだが(絶対わかってて言ってるだろ!).

で,数週間ズレて,同じ科のクリニックがだいぶ離れてはいるが同じ医療圏でオープンするらしい.そのHPを見ると,出身大学から,初期研修,etc.と恐らくこれまで勤務したすべて(と思われる)の病院名が記載されていた.さらに資格のところには,開業する科関連の専門医・認定医の他に,○○研修会修了とか,△△セミナー修了とか,正直どうでもいいものまで全部で20以上書かれていて,これはさすがに過ぎたるは及ばざるが如し.でも,情報は隠すよりは提示された方がいい.患者が取捨選択するから.
こちらの内覧会にも足を運んでみるか.

ちなみに後者は所謂 駅弁大学の出身だった(自分もそう).一応 国立とは言え,これもロンダリングの対象になってたりする.

# by E_physician | 2018-04-01 23:00 | 医学・医療一般

インフルエンザ

一緒にスキーに来ていた知人が,昼間は元気に滑ってたのに,夕食中に,何だか調子悪いと急に言い出して,中座して部屋で休むことになった.食後 様子を見に行くと,かなり辛そうで体熱感あり,私が持参していた体温計で測ると38度台の発熱.咽頭痛もあるので,予防接種はしているが,多分 インフルエンザだろうと診断.
翌朝も熱は37度台後半で症状持続,予防接種しているからこの程度で済んでいるんだろう.半日滑って帰宅予定だったが,滑るのはやめて,チェックアウト時間までゆっくり休ませて帰宅することにした.それぞれ個別にチェックアウトを済ませたのだが,帰り際に宿の主人は知人に「ちゃんと受診してくださいよ!」と言ったらしい.
私が医者だってことは宿主は知っているし,インフルエンザだろうとも伝えてある.にも関わらず,こんなことを言う.結局は,医者の診断より「インフルエンザの検査」の方を信頼するのだ(1割~は偽陰性という検査なのに).それと,客の体調より自分たち(宿側)のことした考えていないってこともバレバレ.宿としてすべきことは,受診を強要することではなく,インフルエンザとみなして,客室の換気・消毒といった一般的な対策をするしかないのだが.
インフルエンザ(疑い含む)だったら,大事なことは休養と水分摂取と,むやみに出歩かないこと.呼吸が苦しいとか水分も摂れないとか,重篤な基礎疾患があるとかでなければ,受診は不要(むしろ受診しない方がいい)なのに,職場や学校から「インフルエンザの検査受けてきなさいって言われてました」という受診が多いのは,こうした背景がある.
風邪気味だったのを無理してスキーに来たわけではない.たまたまスキー中にどこかでウィルスをもらってしまったかわいそうな客なのに,まるでバイキン扱い.もう二度とこの宿には行かない.
# by E_physician | 2018-03-06 14:17 | 旅行

ある救急医(役職なし)の思い

20年近く救急医をやっていると,果たして自分はそもそも救急医に向いてるのだろうか,と思うことが時々(最近はしょっちゅう)ある.
向いてるのかも,と思うタイプは,重症外傷大好きな人とか大災害が起きるとアドレナリンがほとばしるタイプ(おっしゃ~!行くぜ~!な人.テレビに出たがるタイプ,と言ってもいいかも).
自分の場合,世間平和で開店休業がいいと思っているので(笑),重症そうな患者が搬送される,となると,ちょっとブルー.いつも最悪の自体を考えてしまい,実は心の中ではテンパっているのを絶対に周りに悟られないように,デキるリーダーを演じきらないといけないから.

でも,段々 ストレスたまってきて,この先どうしようかな,って思うこともなくはない.

そんなある日 救急専門医かつ指導医の,あるDr.がアルバイトでやってきた.普段は他所の大病院でそれなりの役職についておられる御仁なのだけれど,K 6.8(ECG変化あり)を放置プレイしているのを目にした日には….その後すぐ,慌てて,いや慌てず,すぐにKを下げに行った(=尻拭いをした)ので患者さんには害はなかったけど.

まだ,ビビる自分の方が向いてるのかも,と思った次第.もうしばらく救急の現場にいてもいいのかな.
# by E_physician | 2018-02-16 21:55 | 救急