医者は見かけによらない

昔 働いていた病院の同僚(とすら呼びたくもない)医師が,有識者コメンテーターみたいな感じでTVに出ていた.ちょっと特殊な資格を持っているのでそれでお呼びがかかったらしい.ミニ番組の複数のコメンテーターのうちの一人なので,そいつの出番は1分かそこらなんだけど,画面ではいたってまともな人に見えて不思議な感覚だった.

だって,やる気なくてろくに働かないし,愛想も悪いし(患者に対しても),職場では医師だけでなく看護師からも非難轟々・総スカンな状態で,自己都合で退職したが実質クビに近かったから.

これまで複数の病院に勤めてきた経験からも,本当に医者は見かけによらないとつくづく思う.

新しい病院に行くと,新しい同僚達がいる.最初は,院内案内されたり,わからないことを聞いたりした時の対応で,いい先生だな,とか思うんだけど,実際に働いてみると「!!!」なことが各病院で必ずあった.やる気がない,知識が古過ぎ,すぐキレる,ビビってパニクる,etc.
場合によっては,入職前に1-2日ほど見学に行ったりすると,その間 つきっきりで対応してくれたりして,つまり1-2日ずっと一緒に接していたりするわけだが,それでも実際に勤務し始めてだいぶ経つまでその人の本質が見抜けなかった,ということも珍しくなかった.

なので最近は新しい赴任先で,人当たりのいい先生がいても,すぐには信用しないことにしている.

先日の,医学生が歯科医を刺した事件とかも,医学生の評判は悪くなかったようだし.ま,医者に限った話ではないけど.
by E_physician | 2017-05-13 15:47 | 医学・医療一般


<< 時代の変化を感じた映画 「白い巨塔」 カード会社における“信用”とは... >>